スポーツで学ぶMBA講座BACK NUMBER

MLBが目指すボールパーク化戦略。
サービスの品質を決めるものは何か。 

text by

葛山智子

葛山智子Tomoko Katsurayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/06/25 10:30

MLBが目指すボールパーク化戦略。サービスの品質を決めるものは何か。<Number Web> photograph by Getty Images

ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイパーク。ホセ・イグレシアス選手の打席で起こった“ウェーブ”に参加するファンたち。

 このコラムでも、プロ野球やJリーグの観客動員数について触れてきたので、ふと世界一観客数を集めるチームはどこだろうと気になって調べてみた。

 個別のチームを見る前に、まずはリーグから。Sporting Intelligenceによると世界のプロスポーツリーグの1試合の平均観客数で比較すると、1位に輝くのはやはりNFLで67,591人。日本人にとってはあまりなじみがないかもしれないが、アメリカにおけるアメフト人気は驚くほどで、リーグ優勝決定戦の「スーパーボウル」では視聴率もトップランクであるため、マーケティングの世界でも企業がスーパーボウルで仕掛けるプロモーションに注目するものも多い。

 NFLにつづくのは、ブンデスリーガ(45,116人)、プレミアリーグ(34,602人)、AFL(オーストラリアンフットボールリーグ、32,748人)、そしてMLB(30,895人)となっている。ちなみに日本のプロ野球は24,965人で第8位にランクインしている。

 では、上位に輝くNFL、ブンデスリーガ、プレミアリーグ、MLBでそれぞれのリーグ観客動員数のトップチームはどこであろうか。

主要5リーグのトップリームはここだ。

 スポーツ専門メディアのESPNによると、それぞれのリーグのトップ5は以下の通りである。

NFL(ホームゲーム)
  チーム名 年間
入場者数
平均
入場者数
1 ダラス・
カウボーイズ
708,249 88,531
2 ニューヨーク・
ジャイアンツ
643,964 80,495
3 ワシントン・
レッドスキンズ
637,236 79,654
4 ニューヨーク・
ジェッツ
632,704 79,088
5 デンバー・
ブロンコス
613,062 76,632
   
ブンデスリーガ
  チーム名 年間
入場者数
平均
入場者数
1 ボルシア・
ドルトムント
1,368,840 80,520
2 バイエルン・
ミュンヘン
1,207,000 71,000
3 シャルケ 1,038,293 61,076
4 ハンブルガーSV 899,574 52,916
5 シュツットガルト 850,919 50,054
プレミアリーグ
  チーム名 年間
入場者数
平均
入場者数
1 マンチェスター・
ユナイテッド
1,435,063 75,529
2 アーセナル 1,141,507 60,079
3 ニューカッスル 959,826 50,517
4 マンチェスター・
シティー
892,506 46,974
5 リバプール 850,224 44,748
   
MLB(ホームゲームのみ)
  チーム名 年間
入場者数
平均
入場者数
1 ロサンゼルス・
ドジャース
1,679,895 43,074
2 サンフランシスコ・
ジャイアンツ
1,374,846 41,662
3 セントルイス・
カージナル
1,313,631 41,050
4 ニューヨーク・
ヤンキース
1,251,310 39,103
5 テキサス・
レンジャーズ
1,317,483 38,749

年間入場者数では試合数の多いMLBのチームが圧倒的。

 1試合平均入場者数でみると、NFLの各チームがダントツであるが、NFLは年間試合数が16試合と少ないため、シーズン入場者全数でみると、1位は圧倒的に試合数が多いMLBとなる。2012年には74,859,268人の観客数を動員した。

 さて、そのMLBであるが、今年は観客数の落ち込みが取り上げられることもあるようであるが、それでも2011年、2012年と2年連続で観客動員数の伸びを示している。MLBによると、特に2012年は史上5番目の入場者数を記録した。

 中でも特筆すべきは、ボストン・レッドソックス。以前ご紹介したように2003年5月以降チケットのソールドアウトを果たしている。ちなみに上述のランクにレッドソックスが登場していない理由は、スタジアムの大きさが理由である。レッドソックスのスタジアムであるフェンウェイパークの収容人数は37,493(ナイター時)と小さく、球場収容率で比較するとMLBのチームの中で第1位となる。

 さて、この人気を支えるのが、球場をただ試合をする場所「スタジアム」と捉えるのではなく、「ボールパーク」と捉え、誰もが楽しめる場所づくりを目指すアプローチである。球場内外でのファンイベント、飲食店や座席の充実はもちろんのこと、ボストン・レッドソックスは、長年オーナーを務めたYawkey氏の名をとってつけられた球場前の通りYawkey Wayでもエンターテイメントを繰り広げ、ファンをスタジアム外でも楽しませている。

 日本でも楽天やロッテをはじめとして「ボールパーク」を目指しての動きを見せている。楽天が球場の修理を行ったり、ロッテが球場内の食事を魅力的にしたり、花火をあげたりしている。試合の勝ち負け以外の点にも力を入れて観客を楽しませようとしており、その効果も見え始めている。

【次ページ】 サービスの価値を決めるものは何か?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ボストン・レッドソックス
NSBC

ページトップ