プロ野球亭日乗BACK NUMBER

人気の斎藤か? 実力の大石か? 
巨人のドラフト1位指名選手は誰だ! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2010/09/07 10:30

人気の斎藤か? 実力の大石か? 巨人のドラフト1位指名選手は誰だ!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨年の秋季リーグで4位に沈み、春には惜しくも優勝を逃した早大。斎藤は4年間の大学生活の集大成となる最後のリーグ戦で有終の美を飾れるか

「最終選考」が始まる。

 今年のドラフト会議に向けてアマチュア選手の「最終選考」となる戦いが続いている。高校生は夏の甲子園大会、社会人は都市対抗野球で各チームの候補選手のチェックが完了する。そして9月に入ると全国で大学野球の秋季リーグ戦がスタート。ここでスカウトたちは意中の選手たちの最後のチェックを行なうことになるわけだ。

 巨人が1位指名で迷っているらしい。

 そんな話を聞いた。

 昨年は早々に社会人ホンダの長野久義外野手の1位指名を決めたが、今年は今になっても早大・斎藤佑樹投手と大石達也投手を筆頭に候補を絞り切れていないという。

斎藤、大石、澤村、大野……逸材の大学生投手が顔を揃える。

 評価が分かれるのはもっともだ。

 早実で全国制覇を成し遂げ、一躍「ハンカチ王子」として全国的な人気者となった斎藤は、早大でもエースとして活躍してきた。しかし、あまりに完成された投球に、「プロでの将来性」を懸念する声があるのも事実だ。

 一方の大石は早大では主にリリーフで登板してきたが球威は斎藤を上回ると言われ、内野手もこなす野球センスにほれ込む声も多い。

 この二人だけではなく中大の澤村拓一投手、佛教大の左腕・大野雄大投手らも1位候補のリストに残っていると言われている。スカウトの評価はそれぞれに微妙な差はあるとしても、どの選手も高いレベルで持ち味がある。だから最後の最後まで1位がなかなか決まらない、というわけだ。

 逆に言えば、これぐらいの高いレベルでの争いならば、もはや最後の選択基準は、それぞれのチームの“好み”ということになるかもしれない。

 左投手が絶対に欲しければ大野にいく。将来のエースと考えれば澤村も魅力的だろう。プロでもクローザーを任せられると判断すれば大石はうってつけだ(もちろん先発でもいけるのだが)。そしてプロとして大きな魅力である「人気」を考えれば斎藤にいくはずだ。

【次ページ】 ヤクルトとロッテは早大エース・斎藤の1位指名を表明。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
斎藤佑樹
大石達也
澤村拓一
大野雄大
ドラフト会議

ページトップ