Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<モスクワ直撃取材> 本田圭佑 「革命児の美学」 ~ついに明かした“W杯を語らない理由”~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2010/08/26 06:01

<モスクワ直撃取材> 本田圭佑 「革命児の美学」 ~ついに明かした“W杯を語らない理由”~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono
W杯で一躍ヒーローとなった男は、周囲の喧騒をよそに
その活躍を振り返ることなく、ロシアへ発った。
なぜ、彼は未だすべてを封印しているのか。
8月上旬、巨大な煙に包まれた猛暑のモスクワで、
本田圭佑の大いなる“野望”と独自の“哲学”に迫った。

 南アフリカW杯後、メディアから本田圭佑の「声」が消えた。

 TVをつけても、新聞や雑誌をめくっても、本田がインタビューに答えている姿が一切見つけられないのだ。

 W杯で活躍できず、戦犯扱いされていたのなら、メディアを避けても不思議ではない。だが、本田は日本のベスト16進出に貢献したエースなのだ。にもかかわらず、「声」を残さず、そのままロシアへ旅立った。

 なぜ、本田圭佑は口を閉ざしたのか?

 8月4日、モスクワ。街は巨大な煙に包まれていた。

 連日、35度を超える異例の猛暑で、近郊の森林の泥炭層で火災が発生し、約13万ヘクタールもの土地が焼け野原と化したからだ。それでもCSKAの練習は行なわれ、うっすらと白く染まる空気の中に、本田の姿もあった。

 練習が終わり、汗だくになっている本田に声をかけ、いきなり本題をぶつけた。

「インタビューを受けないのは、ひょっとしたらW杯のことを話したくないから?」

 本田は歩みを止めることなく、下を向きながら答えた。

「それはありますね」

 本田はクラブハウスで着替えを済ませ、ブラックのJEEPに乗って敷地から出てきた。

 レコーダーを手に、車の横に立つ。

 運転席のウィンドウが下がった。

――9月4日にパラグアイ戦が行なわれる。W杯の再戦になるが特別な思いは?

「W杯では結果的に負けているんでね。どう自分たちが仕掛けていけるかを示すなかで、勝ちにこだわりたい」

――W杯では、勝つよりも、負けないやり方を取ったということ?

「W杯では結果のことしか考えていなかった。9割攻められようが、どれだけ格好悪い内容であろうが、あのときは勝ちたかったというのが、今終わって言えるあのときの正直な気持ちです。どんな形でも勝てれば良かった」

――もっと上を目指すには、あのやり方ではダメだと感じている?

「いやそうじゃなく、イタリアやドイツみたいな勝負強さを目指してもいい。彼らのメンタルの強さは、ブラジルやスペインとは違った意味で、オレにとっては興味深い。技術じゃない何か。人としてのすごさ。『なんで勝つんやろ』といつも感心させられますね、イタリアとジャーマニーには」

本田がW杯について語らない理由とは。

――本題に入りたい。本田くんがW杯について話したくないのは、サッカーのスタイルに不満があって批判的な内容になるからだと想像していた。

「正直、何を話せばいいかわからないんですよ。ボクからしたら『もうW杯は終わりでしょ?』という感覚。別に振り返るのが絶対に嫌とかじゃなくて、ロシアリーグの再開が迫っているのに、あのときはこうだったとペラペラ言うのは嫌かなって」

――なるほど。ただ、ある意味、それは「勝ち逃げ」だよ。W杯で本田くんは日本で一番のサッカー選手になった。それでしゃべらないというのはどうかと。

「オレ的には、そんなに深い理由じゃないんですよ。ロシアにきたら、そんな評価は誰もしてないよという感覚なんでね。『ベスト16が何か?』というくらいの反応を結構もたれているから。それなのにオレが日本に向かって偉そうにW杯を語っても、男としてかっこよくないでしょ。オランダのメディアに出たら、格好いいことは言えない。なのに日本のメディアで格好いいこと言うんですか? そういうのが嫌いなんですよ。どこの国のメディアに出ても、同じような目線でいたい」

【次ページ】 批判を覚悟して帰国した本田が感じたギャップの正体。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
本田圭佑
CSKAモスクワ

ページトップ