私とDo 特別編BACK NUMBER

<私の太らない生活> 東進ハイスクール講師・林修 「ストレス太りは言い訳です。ストレスはノーカロリー」 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph byMami Yamada

posted2013/05/24 06:00

<私の太らない生活> 東進ハイスクール講師・林修 「ストレス太りは言い訳です。ストレスはノーカロリー」<Number Web> photograph by Mami Yamada
好評発売中のNumber Do『太らない生活 2013~健康と軽い体を手に入れよう~』は初のダイエット特集! 各界の著名人にスタイルを保つ秘訣を直撃しました。

今回は「今でしょ!」で大人気の東進ハイスクール講師、林修さんが登場!
学生時代は肥満体型だった林先生が“変貌”できた理由を特別に公開します。

「今でしょ!」でブレイクした東進ハイスクールの林先生。若いころは100kgオーバーの「単なるデブ」だったというが、ここ20年ほどは70kg台をキープ。授業、講演、テレビ出演と超多忙を極めるなか、どのように体型を維持しているのか。

 子供のころはいわゆる肥満児でした。昔の日本にはそれを「健康優良児」という言葉でごまかす悪い習慣がありましたけど、「単なるデブ」です。体重は鮮明に記憶しています。中1で58kg、中2で75kg、中3で87kg、そして大学受験期に人生初の100kg超え。体重の高度成長期です。右肩上がりでしたね。

大学時代の合コンで「あんなデブとつきあうわけがない」と……。

林修 Osamu Hayashi
1965年生まれ。東大法学部卒業後、日本長期信用銀行に入行するも半年で退社。その後、東進ハイスクールの現代文講師となり東大・京大コースを中心に担当。東進のCMで一躍有名になる。趣味は野球観戦や競馬など。著書『いつやるか? 今でしょ!』『今やる人になる40の習慣』(ともに宝島社)も好評。

 やせようと思ったきっかけは大学時代の合コンでした。素敵な女の子がいたのですが、周囲の子に「あんなデブとつきあうわけがない」と言われましてね。「デブ」という日本語の使い方として正しいなと思いつつ、女の子はデブが嫌いなんだと、身をもって教えられたんです。デブは、スイッチを押してもらうのを待ってるんですよ。失恋のショックもいいスイッチになりますし、風邪をひくことも有効です。今でも風邪をひいて食欲がなくなると、これはいけるぞと思いますからね。

 僕のやせ方は単純です。食べないで走る。これだけです。夕食を抜いて、朝に12~15kmくらい走るんです。当時住んでいた文京区の小石川植物園あたりはよく走りました。あそこはキツい登り坂があるんですよね。僕は勝手に「5区」と呼んでいて、頭の中で「さあ、いよいよ5区に入りました」などと実況しながら走るんですよ。

 たまに増田明美さんの解説も入ります。「この坂でしかけてしまうと後が苦しくなりますよ」とかね。15kmを1時間くらいのけっこう速いペースで走ってましたが、体にそれだけのダメージを与えると、お腹がすかないんです。だから食事は一食だけで終わり。これで70kgまでやせました。

【次ページ】 「林の授業は寒い」との評判は、リバウンドのせい!?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
私とカラダづくり

ページトップ