SCORE CARDBACK NUMBER

「若手には負けられない」
金子誠の渋い輝き。
~猛追日本ハムの原動力~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/08/11 06:00

「若手には負けられない」 金子誠の渋い輝き。~猛追日本ハムの原動力~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プロ入り16年目の昨シーズン、自身初の打率3割と、'97年以来の2桁本塁打をマークした

 日本ハムのイブシ銀・金子誠の存在感が如実に出たのは、昨年の巨人との日本シリーズである。金子の欠場によりチームの勢いが衰え、日ハムは敗れたのだ。「やっぱり、いるべき人がいないと落ち着かない」と二遊間を組む田中賢介も敗因の一つにあげていた。

 今年も、開幕早々に左脇腹を痛め登録を抹消されるとチームも失速。復帰した時には、首位から10.5ゲーム差のダントツの最下位に沈んでいたのだ。

 しかし金子の復帰で勢いを取り戻した日ハムは、最大14もあった借金をたった3カ月で返済。「地味だけれど存在感があるねェ」と福良淳一ヘッドコーチも目を細め、ダルビッシュ有も「打たれたと思って、後ろを振り向くと金子さんがちゃんと捕って併殺にしてくれるので、リズムに乗っていける」と話してくれた。

常総学院時代の恩師・木内監督も認めるキャプテンシー。

 昨年、日本ハム勢が投手を除く内野手部門のゴールデン・グラブ賞を独占。これも配球によって、金子が細かく守備位置を指示していたからだろう。

「賢介が選手会長だから、最近は彼に任せるようにしている」と言うが、田中賢が動きやすいように立ち回れるのは、「金子の持って生まれたキャプテンシーによる部分が大きいのではないか」と、常総学院高時代の恩師・木内幸男は語る。「勝負所を知っている、という面では仁志(敏久)とはまた違った意味でのリーダーシップを持っていた」と高校時代から金子の存在感は別格だったことを認めている。

昨季、満塁での打率は6割1分5厘と驚異的な数字。

 チーム内外の評価は高いが「勝てるチームになると、下からの突き上げが激しい」と本人は気を抜くことを知らない。「4番の代わりはなかなか育たないけれど、ワキ役の代わりはすぐ育つ」が金子の口癖。事実、今年で35歳を迎える金子の後釜として球団が今浪隆博、加藤政義を育てているだけに必死である。

 昨季、金子の満塁での打率は6割1分5厘という驚異的な数字。「相手が苦しくなった時に何をしてくるかを考えていれば、次にやるべきことが見えてくる」。つまり焦ってストライクを取りに来たボールを狙い撃ちにするのが、イブシ銀の仕事だというのだ。

 9番・遊撃が定位置だが、数字以上の計り知れない存在感がある。こういうベテランが支えるチームは、最後までペナントレースを諦めないものだ。

■関連コラム► “守備の華”遊撃手で最高の選手は? 20年の数字から見えた、ある真実。
► エラーの数では分からない、2009年「本当のチーム守備力」。
► 「リトル」とは呼ばせない。田中賢介の存在感。~日ハムのリードオフマン~

関連キーワード
金子誠
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ