SCORE CARDBACK NUMBER

“平成の新怪物”雅山が
土俵で持ち続けたプライド。
~早咲きの元大関、春場所で引退~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/04/14 08:00

“平成の新怪物”雅山が土俵で持ち続けたプライド。~早咲きの元大関、春場所で引退~<Number Web> photograph by KYODO

引退会見で涙を拭う雅山。この日は鬼嵐を押し倒し、相撲人生最後の一番を白星で締めた。

 春場所千秋楽。万雷の拍手のなか、ひとりの十両力士が土俵を去った。かつて「平成の新怪物」の異名を取った元大関の雅山だ。

 '98年7月、明治大学を3年で中退し、武蔵川部屋(現藤島部屋)から幕下付出デビュー。幕下2場所、十両2場所と、史上初の「4場所連続優勝」の快挙を成し遂げた。重い足腰と圧力のある突き押し相撲を武器に、'00年名古屋場所、わずか2年の最速スピードで大関に駆け上がる。横綱武蔵丸、武双山、出島、そしてこの雅山の昇進で3大関が揃い、和歌乃山、垣添の三役力士も脇を固めた当時の武蔵川部屋は、まさに「春満開」。その勢力を咲き誇らせていたものだった。

 わずか8場所で大関から陥落した雅山だが、以来68場所、土俵に上がり続けたのは歴代1位の記録となる。'10年、野球賭博問題での謹慎処分を受け、十両2枚目に陥落するが、1場所で幕内復帰。昨年初場所では小結にまで復活した。

「十両に落ちたこの時は、またスタートラインに戻ったという気持ちだった。もう一度横綱と戦いたいと、十両からもう一回、また大関まで這い上がっていくつもりで、今までやってきたんです」

「後悔はなくはないけど、ボロボロになるまでできたんだから」

 そう雅山は述懐するが、もう35歳。体力の衰えは、その気力だけでは補いきれず、先の初場所では幕尻で3勝12敗。この春場所は、元大関のプライドを内に秘め、東十両9枚目の地位で土俵に立った。だが3勝12敗の成績で幕下陥落が決定的となり、ここを散り際と心に決めた。

「まだまだ負けない気持ちはあるが、体がついてこない。後悔はなくはないけど、ボロボロになるまでできたんだから」

 悔しさを滲ませつつ、大粒の涙を拭う。

 稽古場で切磋琢磨した元武蔵丸が、「あの時代、一緒に頑張った仲間。今はもうみんな引退しているなか、最後まで頑張ったのが雅山。寂しいな……」とぽつりと漏らす。その元武蔵丸は、場所中、「武蔵川部屋再興」が正式に承認され、3人の内弟子とともに、藤島部屋を「卒業」してゆく。雅山の引退により、かつて隆盛を誇った部屋の関取衆も、翔天狼ただひとりとなってしまった。

 いつになく開花が早かった、今年の桜。「早咲き」だった元大関は、15年目の今春、最後の花びらを名残惜しげに浪速の地に舞わせた。

関連コラム

関連キーワード
雅山

ページトップ