野球善哉BACK NUMBER

38年ぶりセンバツ優勝も見えてきた!?
高知が誇る“二人で一つ”の継投術。  

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/04/01 20:15

38年ぶりセンバツ優勝も見えてきた!?高知が誇る“二人で一つ”の継投術。 <Number Web> photograph by Kyodo News

仙台育英を下し、38年ぶりの準決勝進出を決めて喜ぶ坂本優太(中央)ら高知ナイン。

 二人で一つ――。

 高知の二枚看板が完ぺきな投球を見せている。

 酒井祐弥と坂本優太。

 4月1日の準々決勝、昨秋の明治神宮大会を制した仙台育英を二人の継投で2-0と完封。38年ぶりの選抜ベスト4入りを決めた。

 先発を務める酒井が3試合16イニング1失点、一方、抑えの坂本は11イニング1失点。3回戦まではそれぞれ1失点ずつがあったが、この日は完ぺきに封じ込めた。

 ともに右腕のオーバースローでありながらタイプが異なることが、全国の猛者たちをもってしてもあと一歩のところで打ち崩せない要因になっている。

 例えば、この日の試合では、9回裏、0-2とビハインドの仙台育英は高知の2番手・坂本を攻める。無死から4番・上林誠知が中前安打、5番・水間俊樹が死球で出塁して反撃を開始。続く6番・小林遼がとらえた打球は右翼後方へ飛ぶ会心の当たりだったが……打球は失速、高知の右翼手・杉本大紀のグラブに収まった。

 なおも1死一、三塁と仙台育英は攻め立てたが、7番・阿部涼平は、坂本が投じたインコースへの甘い球を詰まらせて遊ゴロ併殺打となり、ゲームセット――。

「坂本の陰には先発した酒井がいる」という強み。

 仙台育英・佐々木順一朗監督は首をかしげる。

「高知の投手陣が交代することは分かっていて、反撃のムードが作れていての9回の攻撃でした。(右翼飛球の)小林の打球はスタンドに入っていてもおかしくはないはずなんですけど……少しタイミングがずれているんでしょうね」

 2番手で登板した坂本のストレートは140キロに満たない程度だ。130キロ台前半から後半がアベレージといったところだろう。

 しかし、それでも、捉えられないのだ。

 坂本の“陰”には先発した酒井がいる。この強みが最大限、活かされているのだ。

【次ページ】 「タイプが違う」ゆえのアジャストの難しさ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
高知
酒井祐弥
坂本優太
仙台育英
上林誠知
佐々木順一朗
島田達二
常葉菊川
森下知幸
前田隆靖
甲子園
センバツ

ページトップ