セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

司法試験受験か試合出場か?
セリエAで起こった奇妙な騒動。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/03/07 10:30

司法試験受験か試合出場か?セリエAで起こった奇妙な騒動。<Number Web> photograph by Getty Images

監督命令に従わず、司法試験受験を断行したアタランタのグリエルモ・ステンダルド。

 アタランタのベテランDFグリエルモ・ステンダルドには、セリエAとBで積み上げた通算300試合出場とラツィオ時代に獲った2009年のイタリア・スーパー杯以外、取り立ててみるべきタイトル歴はない。

 ただし、彼には今季のセリエA全体を見渡してみても5人しかいない、稀有な肩書きがある。大学で法学部を出た彼は、れっきとした“学士”プレーヤーなのだ。

 昨年12月、そのステンダルドがイタリア中を巻き込む議論の主役になった。

 '08年の学位取得後も勉強を続け、選手業をこなしながら、いずれは法曹界へと進むキャリア転身の方策を探っていた彼に、ようやく司法試験受験の機会が訪れた。

 しかし、3日間を要する口頭試問試験とコッパ・イタリア5回戦の日程が重なってしまい、ステンダルドはやむなく監督コラントゥオノへ特別休暇を願い出た。

 ローマとの5回戦で彼を先発させるつもりだった指揮官は「いかなる理由があっても例外は認めない。誰が食い扶持を与えていると思っているのか」と言い捨てると、申し出を無情にも却下した。

クラブ側の懲罰処分に対し、ステンダルド擁護の声が!

 しかし、ステンダルドに引き下がる気はさらさらなかった。1年に1度しかない国家試験の機会を逃せば、再び筆記試験からやり直さなくてはならない。もちろん、彼は日程についてクラブ側と随分前から協議していた。受験を認めるかどうかは、クラブの内規と監督判断次第。彼らの意思決定がズルズルと遅れた結果、ステンダルドは、試験か自らの仕事か、選ばざるをえない状況に追い込まれた。

 結局、彼はローマ遠征へ同行せず、試験会場のサレルノへ向かった。難関試験から戻った彼を待っていたのは、チームを離脱したことへの罰金処分だった。直後の重要な試合への招集も懲罰的に見送られた。コラントゥオノ監督は、ステンダルドへの処分を報じたメディアへ「内輪のことには関わるな」と釘を刺した。

 この理不尽な扱いに、各界から猛反発が起こった。

 イタリアスポーツ界のトップである同国五輪委員会のジャンニ・ペトルッチ会長が「ステンダルドの行動は、まったくもって正しい」と擁護すれば、選手会のダミアーノ・トンマージ会長も「彼はスポーツと学業が両立できることを示してくれた。称えられこそすれ、責められることなどあってはならない」と全面支援。

 自転車競技のプロレーサーでありながら、生産技術エンジニアリングの学位も取得しているマルコ・ピノッティは「今回のケースは出産や肉親の死に目のような人生の一大イベントと同じ。自分が同じ境遇になっても迷わず受験を選ぶ」とステンダルド支持を表明した。

【次ページ】 「司法試験の受験は7年間を費やしてきた夢の結晶」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
グリエルモ・ステンダルド
ステファノ・コラントゥオノ
アタランタ

ページトップ