Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<五輪、WBCで背負ったもの> 杉浦正則×谷繁元信 「日の丸の重みを語ろう」 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/02/28 06:00

<五輪、WBCで背負ったもの> 杉浦正則×谷繁元信 「日の丸の重みを語ろう」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama
プロに背を向け、オリンピック3大会で力投し、
2つのメダルを持ち帰った“ミスター・アマチュア”。
そして、プロだけで編成された第1回WBCで
優勝の歓喜を味わった球界ナンバー1キャッチャー。
対照的な二人が語る、「あるべき日本代表」の姿とは。

 背負っているのは日の丸だ。

 その日の丸は、重いと言われる。

 バルセロナ、アトランタ、シドニーと、オリンピックで3度、日の丸を背負った“ミスター・アマチュア”こと杉浦正則(日本生命)は、その重さについてこう話した。

「僕にとっての“全日本”は寄せ集めのチームじゃなかったんです。4年に一度のオリンピックへ向けて、4年かけて本気でチームを作る。合宿を繰り返して、選手をふるいにかけて、やっとメンバーが選ばれる。それだけの長い時間をかければ、チームにいろんな人の思いが詰まっていくじゃないですか。何としてもこのチームに入りたい。入れたら、入れなかった選手の思いを背負うことになる。僕らの“全日本”はそういう重みのある、しかもその思いが長く続く場所でした」

WBCで福留の姿を目にして、思い出したアトランタ五輪での“叱責”。

 今から7年前のことだ。

 2006年3月19日。杉浦は自宅のテレビでWBCの準決勝を見ていた。杉浦が気にかけていたのは、この試合、スターティング・ラインアップから外れた福留孝介のことだった。杉浦はアトランタオリンピックのとき、当時19歳だった日本生命の後輩、福留を叱り飛ばしたことがある。

「アトランタのときって、最初は本当にどうしようもないチームだったんです(苦笑)。オリンピックの舞台をプロになるための自己アピールの場だと考えるような若い選手がたくさんいましたから。確かに孝介に僕、キレましたね(笑)。

 他にも、先発しない日の練習に遅刻したり、負けた後に平気で鼻歌を歌ってるヤツがいたり、抑えられないことがいっぱいありました。でも、WBCでのあの日の孝介は、先発できなかったのに、ウインドブレーカーを着てベンチの最前列で声を出していた。ああ、日の丸を背負って野球をする姿勢は、こうしてちゃんと受け継がれていくんだなと思って嬉しくなりました」

【次ページ】 五輪通算最多の5勝も、杉浦は記録に興味がなかった。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
杉浦正則
谷繁元信
福留孝介
WBC
オリンピック

ページトップ