野球善哉BACK NUMBER

次の侍ジャパンでは是非とも見たい!
“川崎宗則の後継者”今宮健太の今。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/02/28 10:31

次の侍ジャパンでは是非とも見たい!“川崎宗則の後継者”今宮健太の今。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2013年の春季キャンプでの今宮。昨年は球団として21年ぶりとなる10代での開幕一軍入りを果たした。今季、さらなる飛躍を誓う!

 このメンバーの中に彼がいたら、どう映っていただろうか。

 第3回WBCに臨む侍ジャパンの宮崎キャンプを取材していて思ったことだ。

 初日の全体練習が終わった直後のこと。坂本勇人、鳥谷敬、井端弘和、松井稼頭央らが居残り特守を受けていた。坂本の底知れぬ身体能力、鳥谷の捕球からスローイングまでのバランスの良さ、井端の熟練の極みを感じさせる安定感、松井の華麗なグラブさばき……豪華メンバーが揃う風景の中、それぞれの選手がズバ抜けた能力を見せつけていた。

 しかし、このメンバーの中にあっても、ソフトバンクで遊撃手のレギュラーを狙う今宮健太なら、それほど遜色なかったのではないかという思いが頭をよぎったのだ。

 ソフトバンクの首脳陣のひとり、藤井康雄が話していた言葉を思いだした。

「打撃コーチの俺が言うのもおかしいけどさ、今宮は守備範囲がすごく広いんだよ。12球団で見ても、あれくらい守れるヤツはいないんじゃないかと思うよ。それに、今宮は身体は小さいけどさ、芯が強いんだよ。シーズン終盤になってくると若手はへばってくるものなんだけど、今宮は疲れを見せないからね」

 現在、藤井は打撃コーチを務めているのだが、もともとスカウトもやっていた。そのためか、今宮の特徴を打撃面のみならず広い視野で把握しており、今宮の様々な持ち味を一生懸命に語ってくれたのだった。

 当の今宮だが、昨年12月の契約更改の際に「日本一のショートを目指してやっていきたい」と話すなど、4年目の今シーズンにかける意気込みは強い。春季キャンプでは内川、松田、本多らWBC組が不在の中、キャプテンは俺だとばかりに意欲的に動いていた。

“川崎宗則の後継者”今宮に訪れた最大の試練とは?

 今宮は川崎宗則(元マリナーズ)の後釜になり得る存在として、'09年にドラフト1位で指名された。入団当時はまだ川崎がチームにいたのだが、昨今需要が高まりつつあると言われる右打者の野手として期待されていた。

 1年目の'10年シーズンに左手首を骨折して二軍で戦線離脱を経験し、2年目に開幕一軍を果たす。川崎がチームを離れた3年目の昨シーズンは一軍に定着。126試合に出場し73安打14打点を記録した。

 ブレイクの年となった昨シーズンだが、激しい研鑽を積むことになった一年といえる。

 ターニングポイントとなったのは4月18日のオリックス戦。

 この試合、1点ビハインドの8回裏から守備についた今宮は、致命的なミスを犯してしまう。1死満塁から遊撃ゴロをさばいて本塁へ送球、暴投してしまったのだ。

 結局この失策が原因で、最終回の反撃も空しくチームは敗北。逆転に向かうはずの勢いを止めてしまうという痛恨のタイムリーエラーだった。今宮は、試合中から目に涙を浮かべるほど悔しがり、試合後にもこう語ったのだった。

「あのミスがなければ、(ソフトバンクが勝つか)まだわからない試合でした。自分のせいで負けた。この経験を次に生かしたいとかではなく……この試合を絶対に忘れません!」

 今宮の最大の魅力を挙げると、実はこの言葉に集約されているのかもしれない。

 悔しさは隠さず、全力で表現する。そして、そこから決して逃げないのが、今宮なのだ。

【次ページ】 気持ちを前面に出すことで己のパワーを最大化する今宮。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
今宮健太
川崎宗則
菊池雄星
福岡ソフトバンクホークス

ページトップ