濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

シウバや五味ら馴染みの顔が勢揃い。
“地元仕様”の3・3UFC日本大会。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/02/17 08:02

シウバや五味ら馴染みの顔が勢揃い。“地元仕様”の3・3UFC日本大会。<Number Web> photograph by Getty Images

昨年、11月に行なわれた「UFC on Fuel TV6」でマック・ダンジグ(写真左)に判定勝利を収めた五味隆典。UFCでの成績は3勝3敗となっており、日本大会で勝ち越しが期待される。

 昨年に続き、今年も世界最大の格闘技イベントが日本上陸を果たす。

 3月3日、さいたまスーパーアリーナで開催される『UFC JAPAN 2013』だ。

 JR山手線車内でもCMを流すなど、プロモーションの力の入れようは昨年以上。UFCの日本定着は確実に進んでいると言っていい。

 今回のメインイベントはヴァンダレイ・シウバvs.ブライアン・スタン。

 ノンタイトル戦だから、フランク・エドガーvs.ベンソン・ヘンダーソンのライト級タイトルマッチが行なわれた昨年に比べると“格落ち”ではある。ただ、それを気にするファンはほとんどいないだろう。かつてPRIDEで我々を熱狂させたシウバの“凱旋”には、やはり胸が踊る。

PRIDE、K-1……かつてのスターが集う対戦カード。

 セミファイナルでは2001年にK-1ワールドGPを制したマーク・ハントがステファン・ストルーブと対戦。勝ったほうがヘビー級タイトル挑戦者として浮上する可能性もある重要な一戦だ。

 さらに五味隆典vs.ディエゴ・サンチェス、岡見勇信vs.ヘクター・ロンバード、キム・ドンヒョンvs.シアー・バハドゥルザダと日本人、韓国人選手の試合がアンダーカードにラインナップ。福田力と水垣偉弥も昨年に続いて出場、廣田瑞人と徳留一樹は今大会でUFCデビューを果たす。

 完全にアジア向けのカード編成だ。

 UFCアジア・マネージングディレクター、マーク・フィッシャー氏の言葉を借りれば「日本らしさたっぷりの、世界クラスのカード」である。

開催国ごとにローカライズされた大会の構成。

 今回のようなローカライズは、近年のUFCの傾向でもある。

 昨年11月に開催されたマカオ大会にも、日本人選手をはじめアジア系ファイターが多数出場。いまや恒例となったブラジル大会には、ブラジリアン・ファイターが続々と出場する。“ご当地ファイター”の出場で、世界各地でUFC人気を高めていこうというわけだ。同時にUFCはフライ級や女子部門も新設。活動の枠を“場所”と“選手層”二つの面でさらに拡大しようとしている。

 日本で大会を行なうにあたって、シウバや五味の起用は重要なものだ。格闘技ブームが去った日本でビッグイベントを成功させるには“かつての格闘技ファン”を呼び戻すことも欠かせない。PRIDE全盛期に活躍した選手たちは、過去(日本での格闘技ブーム)と現在(UFCを頂点とした世界規模の格闘技人気)をつなげる役割を果たすのだ。

【次ページ】 福田、水垣、廣田、徳留……世界を目指す新星たち。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ヴァンダレイ・シウバ
ブライアン・スタン
マーク・ハント
ステファン・ストルーブ
五味隆典
ディエゴ・サンチェス
岡見勇信
ヘクター・ロンバード
キム・ドンヒョン
シアー・バハドゥルザダ
福田力
水垣偉弥
廣田瑞人
徳留一樹
マーク・フィッシャー
UFC
K-1

ページトップ