Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<スペシャル対談> 伊藤みどり×マツコ・デラックス 「アタシの愛した女王たち」 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byYusuke Nishimura

posted2013/02/15 06:01

かつて自らの演技で世界を震撼させた伝説の選手。
そのあまりにも偉大な先駆者に心酔している、
辛辣ながら的を射た発言で人気の女装タレント。
“超”が付くほどフィギュアを愛する2人が、
我々を魅了した銀盤の女王たちを一刀両断!

対談の前半は、マツコが「いかにみどりを愛していたか」を力説。
Number Webでは、フィギュアスケート界を彩った歴代の女王たちを
語りつくした後半部分をNumber822号より公開します!

本文中、※がついたリンクをクリックするとミニ解説が小窓で表示されます

(……前略……)

伊藤   私の後は誰が印象に残っています?

マツコ   意味合い的には違うんですけど、トーニャ・ハーディング※ かしら。トーニャはみどりを引き継いで、スポーツとしてのフィギュアを極めようとした人だったわ。

伊藤   一緒にアルベールビルも跳んでいるんですけど、彼女は失敗しちゃったのでそのときはトリプルアクセルは認定されてないんですよね。

マツコ   その後トーニャと(ナンシー)ケリガンがああいうことになったというのは、いわゆるフィジカルを競うスポーツとしてのフィギュアがやられてしまったんだなって思ったの。もちろん殴打事件を起したのは悪いんだけど。ケリガンなんて「そんな丈の長いヒラヒラした衣装でジャンプ跳べるのか、この野郎!」みたいな感じだったじゃない。まぁ野郎ではないんですけど。イラっとするタイプだったわ。

――手堅くまとめるタイプでしたからね。

伊藤   スルヤ・ボナリーってご存知ですか?

マツコ   大好き。審判に抗議した'94年の千葉の世界選手権※ 行ったもの。やっぱ黒人の選手の身体能力って凄いわよね。佐藤有香さんも素晴らしかったけど、ボナリーが確実に金だって言われてたのに……。

伊藤   ボナリーはアルベールビルの公式練習で、一緒のグループだったんですよ。あまりにも差がついて、公式練習中からバク転やってましたから。

マツコ   ゴルチエとかの金の衣装を付けると、モデルさんみたいで格好良かったのよ。ボナリー元気かなぁ。

伊藤   プロでガンガンやっていますよ。

マツコ   プロに行った方が彼女みたいな選手は評価されるものね。バク転したっていいし。

伊藤   身体能力で言えば、サーシャ・コーエン※ も高かったですね。

マツコ   もともと体操選手だもんね。それに彼女は有無を言わさず美しかった。

伊藤   ポジションも綺麗でね。

マツコ   どうせ美しいならあれぐらい美しいところで勝負して欲しいよね。メディアでは美人って言われているけど、そうでもない人もいるじゃない。名前は言いませんけど。

――雰囲気美人も大事ですけどね(笑)。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「みどりは……ノープランとまでは言わないけれど」

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ