プレミアリーグの時間BACK NUMBER

今冬の移籍市場、最大のサプライズ。
ベッカムとPSG、双方の複雑な事情。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byWireImage

posted2013/02/12 10:30

今冬の移籍市場、最大のサプライズ。ベッカムとPSG、双方の複雑な事情。<Number Web> photograph by WireImage

1月31日にPSGとの契約を終えた後、背番号32のユニフォームを受け取ったベッカム。「僕はとても幸運だ。37歳で、多くのオファーをもらった」と様々な選択肢の中からパリを選んだことを明かした。

 冬の移籍市場が閉じた翌日の2月1日、『タイムズ』紙(イングランド)の第1面には、パリ・サンジェルマン(PSG)の記者会見場で微笑む、デイビッド・ベッカムのクローズアップ写真が掲載されていた。元代表キャプテンは、3カ月後には38歳になる今でも、イングランドが世界に誇るスターであり続ける。

 もっとも、本来のスポーツ面が5ページ目に回されていたように、母国イングランドでの扱いは、「スター選手」よりも、純然たる「スター」に近い。国内他紙を見ても、PSG入りを伝える記事には、精度抜群の「クロス」ではなく、収益力抜群の「ブランド」という単語が目立った。

 イングランド国内のサッカーの現場でも反応は同様だ。例えば、アーセン・ベンゲル監督。

 アーセナルのフランス人監督は、昨年12月の米国MLSシーズン終了後に年末から調整目的でアーセナルの練習に参加していたベッカムの移籍先が決まると、「彼はグローバルなブランドだ。世界中の視線が、PSGとフランスのリーグに注がれる」と、その名声がフランス・サッカー界にもたらすメリットを強調した。その数日前には、アーセナルが獲得に動く可能性を問われて、「豊富な経験と高いプロ意識で若手の手本になれる」と、現時点での能力には触れない褒め言葉に留まってもいたのだった。

PSGが欲したのはベッカムの絶大なる“ブランド力”。

 PSGが、ピッチ外での効果をも見込んで獲得に動いたことは間違いない。

 移籍市場最終日の契約発表が、その証拠だ。LAギャラクシーとの契約が満了していたベッカムは、市場閉幕後でも契約可能なフリーエージェントだった。アーセナルで“自主トレ”は行っていたものの、丸2カ月間も実戦を遠ざかっているベテランは、即座に試合で使えるコンディションにもなかった。

 にもかかわらず、1月31日にメディカル、そして契約締結となったのは、クラブ側が、世界中のメディアが移籍市場の動向に注目している最終日に、最大限の露出を狙ったからだろう。同日に世界を駆け巡ったPSG入りの速報は、カタールからのオイルマネー注入で“メガクラブ”化を狙う、パリの成り上がり途上クラブの存在を、昨夏のズラタン・イブラヒモビッチ獲得を凌ぐ規模で、世に知らしめたに違いない。

【次ページ】 高額報酬を全額寄付してもビクトリア夫人は喜色満面!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
デイビッド・ベッカム
パリ・サンジェルマン
ズラタン・イブラヒモビッチ
ハビエル・パストーレ
ルーカス・モウラ
カルロ・アンチェロッティ
チアゴ・モッタ
ブレイズ・マテュイディ
マルコ・ベッラッティ

ページトップ