Sports Graphic Number PLUSBACK NUMBER

<拳の記憶> 長谷川穂積vs.ウィラポン&F・モンティエル 「誇り高き勝利と敗北」 

text by

城島充

城島充Mitsuru Jojima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/12/05 06:01

<拳の記憶> 長谷川穂積vs.ウィラポン&F・モンティエル 「誇り高き勝利と敗北」<Number Web> photograph by AFLO
迫り来る不安と対峙したウィラポンとの再戦。
超ハイレベルな攻防を演じたモンティエル戦。
自身が「勲章」と位置付ける2戦の真価に迫った。

好評発売中のNumber PLUS「拳の記憶II~ボクシング不滅の名勝負~」では、日本が誇るチャンピオン7人が激闘を振り返った
「7人のサムライと『魂の一戦』」を掲載。
今回、その中から、長谷川穂積の記事を特別に公開します。

「もっともっと、俺を追い込んでください」

 長谷川穂積がそう声を絞り出したとき、トレーナーの山下正人は愛弟子の真意をつかみかねた。難攻不落と言われたウィラポン・ナコンルアンプロモーションを判定で下し、WBCバンタム級のベルトを巻いてから11カ月。初防衛戦をクリアし、ウィラポンとの再戦を目前に控えたときのことだ。

「世界を獲るまでも、獲ってからも、めちゃくちゃきついメニューを長谷川はこなしてきました。このときもふらふらになるまで体をいじめてるのに、何回もそう言うてくるから驚きました」

 結果、ジムワークは熾烈を極めた。後に長谷川は〈集中力や緊張感、充実感を持って納得のいく練習が出来たという意味では、ウィラポンとの再戦が一番だったと思う〉と、自著『意志道拓』のなかで振り返っているが、なぜ、あのとき自らを極限まで追い込むことを望んだのか。

「俺にとって世界を獲ることは、ウィラポンを倒すことやったんです」

 10度連続防衛、2階級制覇という勲章をその後のキャリアに刻み、現在はWBC世界フェザー級2位にランクされる男は「めちゃくちゃ不安やったからです」と、当時の心境を振り返った。

「再戦でウィラポンに勝ってこそ、胸を張って俺は世界チャンピオンやって言える。でも、その自信がなかったんです。今度こそ負けると……」

 長谷川が初めてプロのリングにあがったのは1999年11月。判定勝利でデビューを飾ったが、ウィラポンはその前年の12月に辰吉丈一郎から王座を奪っている。

「そのあともずっとチャンピオンでしたから、俺にとって世界を獲ることは、ウィラポンを倒すことやったんです。挑戦が決まったときはベルトが欲しいというより、ウィラポンに自分のボクシングがどこまで通用するのか試してみたいという気持ちのほうが強かった」

 そして12ラウンドにわたる激闘の末、長谷川は戴冠を果たすのだが、このときのウィラポンは計量でバンタム級リミット(53.52kg)を300gオーバー、30分間ロープを跳び続けてようやくリミットに落としていた。

「どっかで俺のことをなめとったと思うんです。戦績は17勝2敗でKO勝ちは5つ。東洋太平洋のタイトルは獲りましたが、世界的にはまったく無名でしたから。でも、今度は必死になってベルトを奪い返しにくる。本気になったウィラポンに勝てるとは思えませんでした」

 実際、7年近くも守り続けた王座から陥落したウィラポンはすぐに再起すると、その後の5戦すべてを長谷川と同じサウスポー相手に戦っていた。

【次ページ】 試合2週間前のスパーリングで見つけた「攻略のヒント」。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
長谷川穂積
ウィラポン・ナコンルアンプロモーション

ページトップ