Number on NumberBACK NUMBER

野球はお金じゃない?
~Wシリーズ進出チームの総年俸~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/11/30 06:01

野球はお金じゃない?~Wシリーズ進出チームの総年俸~<Number Web> photograph by Getty Images

アスレチックスは今季、総年俸額がメジャー30球団のうち29位と苦しい戦力での戦いとなったが、見事6年ぶりにア・リーグ西地区を制覇。ディビジョンシリーズではタイガースに敗れたものの、その戦いにオークランドのファンからはスタンディングオベーションが送られた。

 米大リーグで、今年のプレーオフ、ワイルドカード決定戦を経て決まった8チームの選手総年俸を見ると、非常に興味深かった。全30球団中、1位のヤンキース、5位のタイガース、8位のジャイアンツと、年俸上位のチームが順当に入った一方で、19位のオリオールズ、20位のナショナルズ、そして29位のアスレチックスと、下位のチームも同じように進出していたからだ。

低年俸のチームは、プレーオフ以降の戦いでは勝ち抜けない?

 しかしプレーオフになると、地区シリーズの段階でオリオールズ、ナショナルズ、アスレチックスと、低年俸のチームは軒並み2勝3敗で負けてしまった。逆に高年俸のチームは、競り合いながらも地区シリーズを突破した。リーグ優勝決定シリーズはナ・リーグがジャイアンツ(総年俸8位)─カージナルス(9位)、ア・リーグはヤンキース(1位)─タイガース(5位)という組み合わせだった。結局、勝ち残ったのは総年俸ランキングでトップ10に入っている球団ばかりだった。

 この結果を見ると、低年俸球団は、プレーオフには進出できても、プレーオフを勝ち抜くことはできない――そんなふうにも思える。

 だが、近年のワールドシリーズを振り返ってみると、これもまた興味深い事実が発見できるのである。進出チームの総年俸を見ていくと、理解できることがあるのだ。

 別表は、'94年の長期ストライキのあと、新労使協定のもと、ワールドシリーズに進出したチームが、それぞれ総年俸ランキングで何位だったか、まとめたものだ。

●ワールドシリーズ出場チームの年俸順位
 年度 ア・リーグ 年俸順位 ナ・リーグ 年俸順位
'12    タイガース 5位 ◎ジャイアンツ 8位
'11    レンジャーズ 13位 ◎カージナルス 11位
'10    レンジャーズ 27位 ◎ジャイアンツ 9位
'09 ◎ヤンキース 1位    フィリーズ 7位
'08    レイズ 29位 ◎フィリーズ 12位
'07 ◎レッドソックス 2位    ロッキーズ 25位
'06    タイガース 14位 ◎カージナルス 11位
'05 ◎ホワイトソックス 13位    アストロズ 12位
'04 ◎レッドソックス 2位    カージナルス 9位
'03    ヤンキース 1位 ◎マーリンズ 25位
'02 ◎エンゼルス 15位    ジャイアンツ 10位
'01    ヤンキース 1位 ◎ダイヤモンドバックス 8位
'00 ◎ヤンキース 1位    メッツ 6位
'99 ◎ヤンキース 1位    ブレーブス 3位
'98 ◎ヤンキース 2位    パドレス 14位
'97    インディアンス 4位 ◎マーリンズ 7位
'96 ◎ヤンキース 1位    ブレーブス 3位
'95    インディアンス 9位 ◎ブレーブス 3位
※◎はワールドシリーズ制覇

'95~'01年は高年俸球団がほぼ独占も、'02年以降は傾向に変化。

 これを見ると、'95年から'01年までの7年間と、'02年以降では、傾向が異なっていることが分かる。まず、'95年から'01年の間は、総年俸ランキング・トップ10の高年俸球団が、ワールドシリーズ進出をほぼ独占している。しかし'02年以降は、その独占状態が崩れている。例えば'03年のマーリンズ(25位)、'07年のロッキーズ(25位)、'08年のレイズ(29位)、'10年のレンジャーズ(27位)といった低年俸球団が、たびたびワールドシリーズに駒を進めているのである。

 総年俸トップ10の高年俸球団同士が対戦したワールドシリーズは、'95年から'01年の7年間には6回あったが、'02年以降は、11年間で3回しかない。

【次ページ】 低年俸球団躍進の理由はやはり「マネー・ボール理論」。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ニューヨーク・ヤンキース
デトロイト・タイガース
サンフランシスコ・ジャイアンツ
ワシントン・ナショナルズ
オークランド・アスレチックス
マイアミ・マーリンズ
コロラド・ロッキーズ
タンパベイ・レイズ
テキサス・レンジャーズ
井口資仁
高津臣吾
岩村明憲

ページトップ