SCORE CARDBACK NUMBER

ダルに続いて岩隈、青木も。
WBC出場“断念”の背景。
~メジャー各球団の建前と現実~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/11/24 08:00

メジャー1年目の今季、9勝をあげた岩隈。前回のWBCでも活躍しただけに欠場は痛い。

メジャー1年目の今季、9勝をあげた岩隈。前回のWBCでも活躍しただけに欠場は痛い。

 レンジャーズのダルビッシュ有に続き、マリナーズ岩隈久志が、来年のWBCへの出場を辞退した。日本を代表する先発投手2人の不参加に、ファンの落胆も大きいだろうが、辞退の裏には米国の球界事情があることも見逃せない。

 11月7日から行なわれたGM会議の会場で、各球団首脳は口を揃えてWBCへの支援姿勢を表明した。マリナーズのズレンシックGMが「彼(岩隈)へのサポートは惜しまない。故障もまったく心配していない」と言えば、青木宣親が所属するブルワーズのメルビンGMも「日本が望んでいるのであれば問題ない」と、全面的に出場を容認した。ところが、青木も出場辞退。所属球団の許可が直接出場を意味しないところに、この大会の最大の難点が潜んでいる。

 各球団首脳が協力的な公式コメントを残す一方で、監督ら現場側からは自軍選手の大会参加に否定的な声も漏れ聞こえてくる。公式戦後、ブルワーズのレネキー監督は「出場すれば、失うものもあるだろう」と、青木の出場に難色を示した。もっとも、これほど率直な意見表明は稀なケースで、ほとんどは「建前的」に協力姿勢を見せる。MLB機構が、時間と労力、資金を投入し、2006年に幕を開けたのがWBC。「真の世界一を決める大会」を謳い、根底には野球のグローバル化、さらにはMLBの市場拡大という世界戦略があるだけに、各球団も大会の存在価値には理解を示してきた。

「個人の判断」という形を取りながらも、球団の意向が色濃く……。

 ただ、開催時期は開幕直前の3月。出場した主力選手に故障される可能性が高まるのであれば看過できない。実際、'09年の第2回大会後、ドミニカ代表のボルケス(レッズ)、メキシコ代表のソリア(ロイヤルズ)が前半戦で離脱。WBCと故障の関連性を指摘する声が噴出した。となれば、出場の可否に関して「あくまでも個人の判断」という形を取りながらも、球団の意向が色濃く反映することは避けられない。

 日本人選手にすれば、代表選出の喜びと誇りは選手冥利に尽きる。だが、たとえWBCで優勝してもチームの評価にはつながらない。日米間で大会への認識が違うだけに、自らの意思だけでは判断できない。ダルビッシュ、岩隈、青木だけでなく、日本人メジャーの辞退表明は、事実上、「断念」の言葉に置き換えていい。

関連コラム

ページトップ