フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

NHK杯でのファイナル決定が見えた!?
無良のGP初優勝で高橋らが有利に。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byEnrico Calderoni/AFLO SPORT

posted2012/11/21 10:55

NHK杯でのファイナル決定が見えた!?無良のGP初優勝で高橋らが有利に。<Number Web> photograph by Enrico Calderoni/AFLO SPORT

左から、2位のジェレミー・アボット(アメリカ)、無良崇人、3位のフローラン・アモディオ(フランス)。「全日本選手権に向けて大きな自信になった」とコメントした無良。

「いったい今季の日本男子は、どうなっているの?」

 パリで「君が代」を聞くことになるとは思っていなかった。

 そう書いても、失礼にはならないだろう。何しろ無良崇人(むら たかひと)本人すらも、「表彰台は狙っていたけれど、優勝できるとはまったく予想していなかった」と口にしたのだから。

 GPシリーズ第5戦目となるフランスのエリック・ボンパール杯で、唯一出場した日本選手である無良が優勝した。日本在住の記者は誰も来ておらず、欧州駐在の通信社の記者が数名、といういつになく寂しい取材群の前での堂々優勝。これで今季はスケートアメリカの小塚崇彦、中国杯の町田樹に続いて3人目の日本男子がタイトルをとったことになる。5大会の男子のメダル合計15個のうち、8個が日本男子の手に渡った。

「いったい今季の日本男子は、どうなっているの?」と、何人の海外記者たちに聞かれたのか覚えていない。

実力者揃いの日本で、ライバル意識がもたらした高いモチベーション。

 日本男子のレベルが高いことは、今更繰り返すまでもない。だが今季、GPシリーズでは昨年まで比較的ノーマークだった町田、そして無良らがタイトルを手にする展開となった。

 このフランス大会では、元欧州チャンピオンのフローラン・アモディオらを退けての無良の優勝である。スケートカナダでは8位に終わったが、中国杯での町田の優勝が刺激になったのか、と聞くと頷いてこう口にした。

「確かに町田選手の中国杯優勝を聞いたとき、自分ももっといい演技をしたい、と思いました」

 これまでフィンランディア杯などで優勝した経歴はある無良だが、GP大会でのメダルは今回が初で、いきなりの優勝である。

「やればできるかも、ではなくて、やらなくてはいけない、そうでなければいつまでも状況は変わらない、という気持ちで滑りました」

 高橋大輔、小塚崇彦、織田信成のトップ3人の壁が厚かったところに最初に切り込んだのは17歳の羽生結弦だった。そして今季は町田、さらに無良らの国際舞台での大活躍。これはやはり、ライバル意識がモチベーションを高めた相乗効果というよりないだろう。それだけ実力の高い選手が揃っているという証明であり、ベテラン勢もうかうかとはしていられない。

【次ページ】 見えてきた――GPファイナル進出の顔ぶれ。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
無良崇人
高橋大輔
羽生結弦
町田樹
フローラン・アモディオ
小塚崇彦

ページトップ