SCORE CARDBACK NUMBER

「悔いはない」と退団した、
73歳、権藤博の“性分”。
~中日でも起きた指揮官との衝突~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2012/11/10 08:00

「悔いはない」と退団した、73歳、権藤博の“性分”。~中日でも起きた指揮官との衝突~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

投手王国を支えた権藤は退任に際して、「悔いはない。選手はよく戦ってくれた」と語った。

 球界からまたひとつ、名物が消えた。

 中日はクライマックスシリーズのファイナルステージで3連勝するも、3連敗を喫し敗退。その責任を取らされる形で、権藤博投手コーチが解任された。

 今季、権藤コーチと高木守道監督は、投手起用をめぐって衝突を繰り返してきた。おそらく、その亀裂が決定的になったのはファイナルステージ第5戦、2-2の同点で迎えた9回だった。イニングの頭から登板した岩瀬仁紀が、2安打と1四球で満塁とされた場面で、監督は三振の取れる浅尾拓也を熱望したが、権藤コーチは、山井大介の投入を進言した。結果は山井が、代打・石井義人に打たれてサヨナラ負け。怒り心頭の高木監督は「あとはピッチングコーチに聞いてくれ」という捨て台詞をはいた。シーズン中、権藤はこんなことを言っていた。

「仰木(彬)さんのときも、今度の中日でもそう、いつの時代でも真剣に勝とうとすると必ず衝突が起きるものなんだ」

 近鉄では仰木監督、ダイエーでは田淵幸一監督に、投手コーチとして仕えてきた。その都度、監督と衝突しながらも、投手陣を建て直してきた。12年ぶりの現場復帰となった中日でも、落合政権で酷使され、故障者の多かった投手陣を任された。そんな中、田島慎二、山内壮馬ら若手ピッチャーを育て上げ、巨人をギリギリまで追い詰めた。

「決めるのは監督。なのに“コーチに聞いてくれ”はないよね」

 だがCSでは、シーズン中は委ねられていた継投に関する“権限”を取り上げられた。日本シリーズ進出を賭けた最終戦を前に、権藤は複雑な心境を吐露した。

「CSは監督にすべて任せています。ここまでやってきたのは監督の力。意見は言いますが決めるのは監督。なのに“コーチに聞いてくれ”はないよね。すべてがそうなんだ」

 一時は、続投とも伝えられたが、球団から“高木監督は若いコーチとやりたいようだ”と聞かされるとすぐさま、“分かりました”と返した。「私はコーチ、相手は監督。決めるのは監督ですから」と淡々と話したという。

 以前、酒席をともにした際に、“70歳を過ぎたんだから可愛い老人になった方がいいのでは”と冗談を言ったことがある。すると、こんな答えが返ってきた。

「野球が好きなんです。好きだからいい加減にはできない。それが性分です」

関連コラム

関連キーワード
中日ドラゴンズ
権藤博
高木守道

ページトップ