フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

フィギュア、ジャパンオープンを総括。
浅田、高橋ら、それぞれの今季開幕。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byYusuke Nakanishi/AFLO SPORT

posted2012/10/09 11:55

フィギュア、ジャパンオープンを総括。浅田、高橋ら、それぞれの今季開幕。<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

日本チーム2年ぶりの優勝となったジャパンオープン。10月19日のアメリカ大会からいよいよグランプリシリーズが始まる。

 10月6日さいたまスーパーアリーナで開催されたフィギュアスケートのジャパンオープンで、日本選手たちは好調なスタートをきった。この大会は日本、北米、欧州チームが、男女シングル各2人、合計4選手が新シーズンのフリープログラムを滑り、その合計点で競うチーム戦である。日本チームは合計569.25で2位の北米に大差をつけて優勝。中でも全日本チャンピオンの高橋大輔、浅田真央はほとんどミスのない演技を見せた。

浅田真央は、新プログラム「白鳥の湖」で納得の演技。

 浅田真央は新しいフリープログラム、タチアナ・タラソワ振付による「白鳥の湖」を初披露した。ここでは3アクセルを含まず、2アクセル+3トウループ、3ループ+2ループなどを組み入れた構成で挑んだ。

 本番ではアクセルの後につけたトウループが2回転になり、ルッツと後半のフリップが回転不足と判定されるなど、ジャンプは完璧ではなかった。それでも転倒などの大きなミスはなく、全体を美しくまとめて滑り終わると納得したように、こっくりと頷いた。

 クラシックバレエの名曲を使用し、黒鳥の踊りなども含んだ振付構成は、体の動きが柔らかく手足の長い浅田によくマッチしていた。これから1シーズン滑り込んでいけば、さぞ素晴らしいプログラムに仕上がることだろう。

昨シーズン苦しんだ3アクセルは「後半入れていけたらいいな」。

「昨シーズンは思うような演技ができなかった。ここは初戦で不安はあったけれど、落ち着いてオフシーズンにやってきたことを出せたと思う。これをステップにして、レベルアップをしていきたいです」

 浅田真央は、試合後の会見では笑顔でそう語った。順位こそ米国のアシュリー・ワグナーに僅差で2位だったものの、彼女の落ち着いた演技と笑顔を見て、ほっと胸をなでおろしたファンは大勢いたことだろう。昨シーズン苦しんだ3アクセルをプログラムに入れる可能性について聞かれると、「今シーズンはどうしようかと思っていたけれど、後半入れていけたらいいなと思います」と答えた。この良いイメージを抱いてシーズンスタートを切ったことは、彼女にとって大きな収穫になったはずである。

【次ページ】 鈴木明子は後半、ジャンプで転倒が続いて3位に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
浅田真央
高橋大輔(フィギュア)
アシュリー・ワグナー
鈴木明子
小塚崇彦
パトリック・チャン
ニコライ・モロゾフ
エフゲニー・プルシェンコ
ソチ五輪
オリンピック

ページトップ