SCORE CARDBACK NUMBER

全英から日本女子OPへ。
強豪の競演を見逃すな。
~ダブル宮里と馬場にかかる期待~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2012/09/27 06:00

全英から日本女子OPへ。強豪の競演を見逃すな。~ダブル宮里と馬場にかかる期待~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

悪天候の中、今シーズンのメジャー最少スコアで全英リコー女子オープンを制した申ジエ。

 今年の全英リコー女子オープンは、残酷極まりない戦いだった。例年なら7月末から8月初めに開催される大会が、今年はロンドン五輪の日程と重なったために1カ月半遅らせて、9月13日~16日の実施となったのだ。

 リバプール郊外ホイレークのロイヤルリバプールGCの秋から冬にかけての天候はめまぐるしく変化し、寒さと強風が襲いかかるケースが多い。案の定、今大会では横殴りの雨とボールが動くほどの強風で2日目は中止。

 その影響で最終日は36ホールを消化することになった。ただでさえ深いラフと巧みなコース設計で攻略が難しいリンクスに加えてのハードスケジュール。宮里美香などは、まるで真冬のように耳あて、防寒手袋をはめていた。

 そんな中で圧倒的な強さを見せたのが申ジエ。通算9アンダーで2位の朴仁妃に9打差をつけての圧勝だった。2オーバーで4位に入った宮里美香の言葉が過酷な状況を物語っている。

「何度も(気持ちが)折れそうになった。でも最後のメジャーでここまでやれた自信と(まだやれるという)悔しさが入り混じっています」

6人のメジャータイトルホルダー参戦も、3年連続Vを狙う日本勢。

 彼女たちの戦いは、今度は横浜カントリーに舞台を移すことになるだろう。というのも、この地で9月27日から行なわれる日本女子オープンには、世界の強豪が集結するからだ。

 全英リコー女子オープンで1、2位を独占した申ジエ、朴仁妃の韓国勢を始め、世界ランキング1位のヤニ・ツェンなど6人のメジャータイトルホルダーが参戦する。

 日本勢では、宮里藍、宮里美香に加え、昨年の優勝者・馬場ゆかりに注目だ。馬場は大会にかける意気込みをこう語る。

「ゴルフは一打一打の積み重ね。スタートからホールアウトするまで、とにかく一打に集中する。集中→実行→解放→集中を淡々と続けるだけ。その姿勢を貫きたい」

 申ジエが再び強さを見せつけるのか。ヤニ・ツェンが世界ランク1位の貫禄を示すのか。あるいは日本人が3年連続優勝を果たすのか。

 日本で最もセッティングの厳しい大会で、世界一流の選手がどんなゴルフをするのか楽しみだ。

関連コラム

関連キーワード
朴仁妃
申ジエ
ヤニ・ツェン
宮里藍
宮里美香
馬場ゆかり
全英リコー女子オープン
日本女子オープンゴルフ選手権

ページトップ