ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

五輪での経験から何を掴んだのか?
清武、宇佐美、山口らの変貌ぶり。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/08/28 12:25

五輪での経験から何を掴んだのか?清武、宇佐美、山口らの変貌ぶり。<Number Web> photograph by AFLO

ホッフェンハイムのマルクス・バッベル監督は、宇佐美のデビュー戦について、「今日の彼はいつもよりフィニッシュが甘かったと思う。まだ(本調子ではなく)これからということだろう」と語っている。

 ロンドン五輪で日本サッカーをベスト4に導いた選手たちが、各国リーグで素晴らしい活躍をしている。

 海外組では、ニュルンベルクに移籍した清武弘嗣がブンデスリーガ開幕戦のハンブルガーSV戦でスタメンフル出場を果たし、チームの勝利に貢献した。清武は、3位決定戦で韓国に敗れた後、「最後、勝負を決めるのは、気持ちの部分だと改めて分かった。その差がメキシコ戦や韓国戦にも出た。だから、どんな時もブッ倒してやるという強い気持ちでプレーし、チームの勝利に貢献したい」と言っていた。その言葉通り、ブンデスリーガのデビュー戦では気迫あふれるプレーでチームを牽引し、90分間、誰よりも走り回っていた。「相手に勝ちたい」という気持ちの強さを、しっかりとプレーで表現出来ていたように思う。

 ロンドン五輪で悔しい思いをした宇佐美貴史も、新天地のホッフェンハイムで迎えた開幕戦で途中出場ながらデビューを果たし、キレの良いドリブルからシュートという得意のプレーを見せていた。

「サブでも(3番手じゃなく)1番手で使ってもらうというのは全然違う。戦力として見てもらっているのを感じる」とコメントしていたが、五輪本番では自ら指揮官の信頼を失うような態度を見せていたのも確かだ。エジプト戦では日本が勝利しても不貞腐れた表情を見せ、関塚監督から叱責されてもいた。だが、宇佐美は何よりも指揮官の信頼に応えたいと思う選手。自分自身の腑甲斐なさや勝利に貢献できない悔しさが表情に出てしまったということなのだが……そこをどう克服できるかが今後の課題だろう。

 ホッフェンハイムではバッベル監督の信頼も徐々に得られ、「五輪ではゴールを決められなかったのが悔しいし、自分の足りないところ」と、自分が何をすべきなのかも分かっている。宇佐美は、ロンドン五輪から一皮むけそうな気配だ。

まるで人が変わったかのようにプレーに凄味が出てきた山口螢。

 国内組では、山口螢(セレッソ大阪)が人が変わったような素晴らしいプレーを見せている。

「個人的には、守りの部分ではやれるなって思いました。たくさんボールに触れたんで、自分のペースでプレーが出来た。あとは、攻撃の部分ですね。スペイン戦でも決定的なシュートを外してしまったり、自分的にいいタイミングで上がってはいたけど、結局決められなかった。そういう時、決めないと国際試合では勝てないことが分かった。決める時に決められるようになるのは、自分の大きな課題だと思っています」

 韓国戦後、山口は、そう言っていた。

【次ページ】 視野が広がり、落ち着いてプレーするようになった扇原。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
関塚隆
清武弘嗣
宇佐美貴史
山口螢
扇原貴宏
吉田麻也
大津祐樹
ロンドン五輪
オリンピック

ページトップ