SCORE CARDBACK NUMBER

考え抜いて、攻め抜いて。
錦織圭が刻んだ新たな歴史。
~五輪8強の勢いを全米OPにも~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2012/08/26 08:00

考え抜いて、攻め抜いて。錦織圭が刻んだ新たな歴史。~五輪8強の勢いを全米OPにも~<Number Web> photograph by Mannys Photography

92年ぶりの4強入りはならなかったが、1回戦で敗退した4年前からの成長を見せつけた。

 8強入りしたロンドン五輪を振り返り、錦織圭は「なにか少しふっ切れたような。そんな感触がありました」とブログに書いている。

 五輪の前に戦い方を見直し、「攻撃的なテニスがやはり自分の持ち味なんじゃないかと再認識」したという。ウィンブルドンでは3回戦に進出し、次の2大会は、いずれもベスト8。まずまずの成績だが、本人はその結果や試合内容に満足していなかったようだ。7月のアトランタ大会では添田豪に2-6、1-6と完敗した。錦織の父親、清志さんは「テニスに元気がない」と感じていたという。

 その後は一旦、練習拠点である米国のIMGアカデミーに戻って調整した。「自分のテニスとは何か」と自問自答したのは、この時期だろう。導き出した答えは、ミスを恐れず攻める、というものだった。

 五輪では1回戦のバーナード・トミック(豪州)、2回戦のニコライ・ダビデンコ(ロシア)と、少しでも隙を見せれば足をすくわれかねないくせ者との対戦が続いたが、最後まで攻め切った。3回戦で挑んだのは世界ランク5位のダビド・フェレール(スペイン)。相手はツアー屈指の守備力を誇り、今季5勝と絶好調だったが、臆せず攻めて競り勝った。日本男子として五輪では88年ぶりとなる8強入り。錦織が日本のテニス史にまた新たな記録を刻んだ。

攻撃的な戦いを貫くため、試合の休憩中も理詰めで最善策を探る。

 どの試合だったか、チェンジエンドの休憩でベンチに座った錦織が頭からタオルをかぶっている場面があった。自分の世界に閉じこもり、戦術を考えていたのだろう。彼が接戦に強いのは、考える力があるからだ。本能に任せて戦っても、そこそこ勝てる能力はある。しかし、錦織はそれをよしとしない。理詰めで最善策を探り、実践するのだ。

 開幕前の違和感も、考え抜くことで振り払った。全身全霊で考えながら、競り合いを抜け出した。そうして、イメージしていた攻撃的な戦い方を五輪の舞台で貫くことができた。それが「ふっ切れた」という感慨につながったのだろう。

 この五輪で、錦織はまた強くなった。今年最後の四大大会、全米オープンの開幕は27日。今の錦織なら、全豪と同じベスト8、組み合わせ次第では、それ以上も狙えるはずだ。

関連コラム

関連キーワード
錦織圭
バーナード・トミック
ニコライ・ダビデンコ
ダビド・フェレール

ページトップ