ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

若いメンバーで臨んだ4×100mリレー。
「悔しい5位」がもたらす大きな財産。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2012/08/12 13:30

若いメンバーで臨んだ4×100mリレー。「悔しい5位」がもたらす大きな財産。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

男子4×100メートルリレー決勝に臨んだ日本代表メンバー(左から順に、山縣、江里口、飯塚、高平)。唯一の五輪経験者である高平は、「この悔しい思いを今後の糧にできれば」と語った。

 誰もが同じ言葉を口にした。

「悔しいです」

 8月11日、陸上男子4×100mリレー決勝。

 前回の北京五輪では、強豪のアメリカが失格になるなどの幸運もあって銅メダルを獲得した日本は、5位でこのレースを終えた。

 ロンドンまでの過程を考えれば、健闘したと言ってよい成績かもしれない。

 そもそもの前提として、陸上の短距離種目は、海外の壁が高い。その中での5位入賞である。

 また、経験豊富な選手がそろった北京と違い、今回のリレーメンバーは、北京五輪後、銅メダルを獲得したチームから朝原宣治が引退して抜け、他のメンバーも代表落ちするなど、五輪経験者は3度目の出場となる高平慎士のみ。飯塚翔太、山縣亮太の大学生2名ら、若いメンバーで臨んだロンドンだ。

好調ぶりを発揮した山縣の活躍が、他の選手への刺激に。

 しかも、世界ランクは13位。五輪出場権を得られるのは16位以内だから、出場すること自体、決して簡単ではなかった。6月に日本代表が発表され、強化を図ってきたが、大会に出場しても38秒台後半と思うようにタイムが伸びず、今大会では苦戦が予想されていた。

 そのチームが、38秒07と今シーズンのベストを予選でマークし、全体で4位となって決勝に進んだのだ。

 オリンピックまでの過程を考えれば、驚くような変化の理由のひとつは、走る順番を入れ替えたことにある。

 スタートが上手でコーナーを抜けたあとのスピード維持に優れるという適性を見抜き、山縣を2走から1走に。日本選手権4連覇中の江里口匡史を1走から2走に。すると、練習でのタイムが向上したという。

 もうひとつ大きかったのは、やはり、山縣だ。今大会の100m予選で、日本選手のオリンピックのタイムとしては最高となる10秒07をマークして準決勝に進み、好調ぶりをアピール。リレー予選でも山縣は好走を見せたが、山縣の活躍は、他の選手への刺激となった。

【次ページ】 予選ほどスムーズな走りにならなかった決勝。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
高平慎士
江里口匡史
飯塚翔太
山縣亮太
RUN特集
ロンドン五輪
オリンピック

ページトップ