MLB東奔西走BACK NUMBER

ダルビッシュの発言を真摯に聞け!
WBC参加問題の元凶を考える――。  

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2012/07/27 10:32

ダルビッシュの発言を真摯に聞け!WBC参加問題の元凶を考える――。 <Number Web> photograph by Sports Graphic Number

ツイッターでの発言がしばしば注目を浴びている、ダルビッシュ有投手。メジャーに行って気がついたこと、日本球界への疑問など率直な思いを吐露している。

「WBCの結果を知らない選手も多いし米国、ドミニカ、ベネズエラはベストメンバーが出てないから(日本のWBC連覇は)何とも思われてません。これが現実」

 この意味深な発言を誰がしたのかご存知の方も多いのではないだろうか。

 MLBオールスター戦出場に際しての記者会見で、日本プロ野球界に対し「野球がまったく伸びていない(進歩していない)」と発言するなど様々な反響を呼んでいる、ダルビッシュ有投手のツイッターでの発言の一つだ。

 この言葉を耳にして、多少の反感を覚えたり、辛辣すぎなのでは、と感じたりした人もいるだろう。

 しかし、ダルビッシュはようやくWBCの真実を現場の立場から証言してくれた最初の人物なのだ。そしてこの言葉の裏には現在、WBCの出場問題で揺れているNPBのいい加減さが見え隠れしている。

選手会との協議を待たず見切り発車的に話を進めたNPBの責任。

 ダルビッシュの発言に呼応するかのように、日本プロ野球選手会(JPBPA)は7月20日に臨時大会を開き、第3回WBCへの不参加を全会一致で正式決議した。会見に臨んだ新井貴浩会長は以下のようにその理由を説明している。

「短期的に見ればファンも当然見たかったと思うが、5年後、10年後を考えたら、今回のことは日本のプロ野球にとって間違いではなかったといえると思う」

 この決定に対しWBCI側も即座に声明を発表。その対応は、交渉当初の“日本が出場しなくても構わない”といった高圧的なものではなかった。

「日本人選手の出場に関してはNPB、およびJPBPAの問題であるが、我々は出場交渉をする上で、次回WBCに出場するということでNPBと合意している。我々は引き続きNPBおよびJPBPAと交渉を続けていく予定であり、日本が出場してくれることになると期待して止まない」

 すでにWBCは日本を含めた1次ラウンドの組み合わせも発表しており、今更、日本の不参加は認められないといったところか。さらに大会運営上、連覇している日本の不参加は体裁が良くない上、日本企業からのスポンサー契約にも大きく影響しかねないのだから、今となっては是が非でも参加させたいというのが本音だろう。

「選手会に伝えたい、考えてもらいたいのは、日本のファンのこと。金目では換算できない。WBCで2回連続でチャンピオンになった意味は大きく、出ないことの影響を真剣に考えないといけない」

 加藤良三コミッショナーは選手会の決定を批判する発言をしている。だが、そもそもは選手会との協議を最優先させるべきだったのに、自分たちの思惑のためだけにWBCI側に見切り発車的に空手形を渡してしまった。そのNPBの無責任さがすべての元凶ではないか。

【次ページ】 問題がこじれたそもそもの発端とこれまでの経緯。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ダルビッシュ有
加藤良三
新井貴浩

ページトップ