SCORE CARDBACK NUMBER

バスケ一筋だった青年が
パドレスの救世主となる。
~メジャー3年目のウィル・ベナブル~ 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/05/14 06:00

バスケ一筋だった青年がパドレスの救世主となる。~メジャー3年目のウィル・ベナブル~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

父のマックスは'92、'93年に千葉ロッテに在籍。今はパドレス傘下で打撃コーチを務めている

 整備が進む投手陣に比べ、今季も打撃が課題のサンディエゴ・パドレス。その貧打線にあって、メジャー3年目の飛躍を期待される選手がいる。強打の外野手、ウィル・ベナブルだ。

 そんな彼は少しばかり変わった経歴を持つ。「多くの選手はメジャーリーガーに憧れて育ったと思うけど、僕の場合はそうじゃなかった。正直に言うと野球があんまり好きじゃなかった」。12年間メジャーでプレーしたマックスを父親に持ちながら、ベナブルは野球場に連れて行かれても係員たちとバスケットボールで遊んでばかりいた。なんとなく続けた野球だが、高校途中で見切りをつけてしまう。その後「情熱を注ぎ込んでいた」というバスケットボールを続けるために、名門プリンストン大学に進学。優秀なアスリートにありがちな複数スポーツの掛け持ちをせず、2年間バットを握ることは一切なかった。

バスケットと野球の双方でアイビーリーグ選抜選手に。

 転機が訪れたのは大学1年を終える頃だった。「コイツには才能があるんだがなぁ」という父の意向、そして母の説得もあって、同大学野球部の門を叩いた。実は野球部の指導者で元メジャー選手のブラッドリーとウィルの父は、現役時代に対戦した旧知の仲。テストでのスイングを見て「ウチの最高の打者になるかもしれない」と直感したという。その言葉通りウィルは頭角を現し、バスケットと野球の双方でアイビーリーグ選抜になった史上2人目の選手となった。ちなみに1人目はクリス・ヤング投手。同じ大学を経て、現在もパドレスで同僚なのも何かの縁かもしれない。

「結局は彼には野球の血が流れているのさ」とヤングが言う通りメキメキと実力をつけ、野球を再開してからわずか2シーズン後の'04年にオリオールズがドラフト15巡目で指名。だが低評価のため入団せず、翌年さらに結果を出してパドレスに7巡目で入った。昨年は6月に昇格後、7月下旬から7試合で5本塁打を放ち、調子を上げて95試合で12本塁打。チームを代表する強打者として台頭しつつある。

「回り道しなければ……とは考えないよ。人それぞれに道があり、これが僕の道なんだ」。今年28歳になるが、初めて開幕をメジャーで迎えて11試合で早くも3本塁打。まだまだ伸びシロは十分にありそうだ。

■関連コラム► 元中日・ステアーズが42歳で輝き続ける理由。~代打の神様は中年の星~
► トニー・グウィンJr.が追う偉大なる父の背中。~伝説を受け継ぐ二世打者~

関連キーワード
ウィル・ベナブル
サンディエゴ・パドレス

ページトップ