Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<忘れられない瞬間を> クリスティアーノ・ロナウド 「再び味わった“挫折”」~2008年6月19日:EURO2008 ドイツvs.ポルトガル~ 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byMasashi Hara

posted2012/06/07 06:00

<忘れられない瞬間を> クリスティアーノ・ロナウド 「再び味わった“挫折”」~2008年6月19日:EURO2008 ドイツvs.ポルトガル~<Number Web> photograph by Masashi Hara

 ユーロ2008準々決勝、ドイツ対ポルトガル。90分間の激闘を経てドイツが勝利を手にした時、世界中のメディアが「大会の主役」と祭り上げた男は、その期待に応えることなく姿を消した。

 ただ茫然と立ち尽くし、それから深緑の芝に拳を付いてうなだれた後で、クリスティアーノ・ロナウドは何かに突き動かされるようにピッチを後にした。チームメイトの誰よりも足早に引き上げたロッカールームで、きっと彼は涙を流していたに違いない。4年前、ユーロ2004決勝でギリシャに敗れたあの日の夜と同じように。

 ポルトガルの首都リスボンから1000km離れた海に浮かぶ孤島、マデイラで過ごした少年時代のニックネームは「泣き虫」だった。試合に負ければ悔しさに打ちひしがれて泣きじゃくり、勝っても感極まって涙をこぼす。そしてその豊かな感受性は、少年の心の中にあるたった一つの野望を妄信させるエネルギーに変わった。

「世界一の選手になって、歴史に名を残す」

 しかし27歳になった今もまだ、C・ロナウドはその野望の過程にいる。

 今から4年前、23歳で迎えたユーロ2008は、C・ロナウドを世界的なヒーローに仕立て上げるための格好の舞台だった。

リオネル・メッシにかっさらわれたヒーローのたすき。

 '07-'08シーズン、マンチェスター・ユナイテッドの背番号7は、エースとしてプレミアリーグとチャンピオンズリーグを制するダブルクラウンに貢献。いずれの舞台でも得点王に輝いた彼は、自らを「世界一」に引き上げようとする心地良い気運にその身を委ねていた。「世界一」を意味するFIFA年間最優秀選手賞とバロンドールのダブル受賞も、もはや議論の余地すらない。残す栄冠は一つ。ポルトガル代表の一員として欧州王者のタイトルを手にすれば、完全無欠を自負する彼の欲求は完全に満たされるはずだった。

優勝候補同士の注目カード。個人技中心のポルトガルの攻撃を組織ディフェンスで封じたドイツが、主将・バラックの得点など3-2で勝利。ドイツは決勝戦まで進出した。 

 ところが、エンジのユニフォームを身に纏ったC・ロナウドは、その輝きを放つことなく大会から姿を消した。トルコ、チェコ、スイスと同居したグループリーグではわずか1得点。準々決勝のドイツ戦では徹底的なマークに苦しみ、存在感を消されたまま試合終了の笛を聴く。そしてこの大舞台での敗戦を機に、自らを取り巻く環境は急変した。

 彼の肩からヒーローのたすきをかっさらったのは、リオネル・メッシだった。誰にも止められないスピードでピッチを疾走し、バルセロナの黄金時代を力強く牽引した彼を世界は称賛した。メッシは誰よりもしなやかに相手を抜き去り、あどけない表情でチームメイトと喜びを分かち合う。しかし一方のC・ロナウドに、そんなアイドルの資質はない。

【次ページ】 メッシなき欧州の舞台、嬉し涙を流すための機は熟した。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
クリスティアーノ・ロナウド
EURO2012

ページトップ