詳説日本野球研究BACK NUMBER

東北、北関東勢の大躍進があるかも!?
第84回センバツの有力校を全検証。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/03/20 08:02

東北、北関東勢の大躍進があるかも!?第84回センバツの有力校を全検証。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

春のセンバツの前哨戦となる昨秋の明治神宮大会は光星学院(青森)が制した。強豪が揃った東北勢が、被災地に明るい話題を届けることができるか。

 3月15日に発表されたセンバツ大会組み合わせを見てびっくりした。超高校級右腕を擁する花巻東(岩手)と大阪桐蔭(大阪)が3月21日の初日、第3試合で激突するのだ。2人の超高校級右腕とは、花巻東・大谷翔平と大阪桐蔭・藤浪晋太郎のことで、ともにストレートが150kmを越える速球派。上背は大谷193cm、藤浪197cmとダルビッシュ級に高い。

 球が速くて背が高いだけではない。藤浪には右打者の内角に腕を振ってストレートを投げ込むコントロールと抜群のキレを見せるスライダーがあり、大谷にはストレートの低めへの伸びと多彩な変化球、さらにこちらも超一流と評価されるバッティングがある。

 今大会前、私が最も見たかった対決は、投手・藤浪vs.打者・大谷である。「打者でもドラフト1位」と高く評価される大谷の内角を、藤浪のストレートが激しくえぐる。そういうシーンを今センバツで見たいと思っていた。それが初日から見られる。ちょっと震えた。

“右腕対決”の勝者と対戦濃厚な九州学院の強力打線。

 この右腕対決を制したチームを中心に優勝争いは展開されると思っているが、試練となりそうなのが2回戦で当たる可能性のある同じAブロックの九州学院(熊本)戦。

 九州勢は2008年以降、沖縄尚学(優勝)、清峰(優勝)、興南(優勝)、九州国際大付(準優勝)と、4年続けてセンバツで決勝進出を果たしている。今年の九州勢の中で最も勢いを感じさせるのが九州学院で、九州勢として5年連続の決勝進出校となっても少しもおかしくない。

 打線は強力だ。とくに3番、4番あたりを務める溝脇隼人、萩原英之は1年夏から甲子園を経験し、次のような成績を残している。

 溝脇隼人   '10年夏 17打数7安打4打点
                   '11年春   6打数3安打
                   通算打率 .435

  萩原英之   '10年夏 17打数8安打4打点(本塁打1)
                   '11年春  7打数0安打
                   通算打率 .333

 溝脇は6試合連続安打を継続中で、萩原は1年生だった'10年夏の3回戦で放ったホームランが断然光っている。2人とも俊足・好守を誇り、牽引役としての自覚は十分。さらに、一塁・岡山士朗、投手・大塚尚仁が昨年春のセンバツを経験しているので、チームとしての成熟度では大会屈指と言ってもいい。

【次ページ】 Bブロックの注目は昨夏の4強、栃木代表・作新学院。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
花巻東
大阪桐蔭
大谷翔平
藤浪晋太郎
九州学院
溝脇隼人
萩原英之
作新学院
高山良介
篠原優太
大谷樹弘
山下勇斗
光星学院
愛工大名電
田村龍弘
天久翔斗
武田聖貴
金沢湧紀
秋田教良
濱田達郎
智弁学園
青山大紀
小野燿平
小池将大
横浜
健大高崎
北條史也
センバツ
甲子園

ページトップ