SCORE CARDBACK NUMBER

“しずちゃん”の陰に隠れた、
日本女子史上最高の名勝負。
~ボクシング五輪代表の座をかけて~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2012/02/24 06:00

“しずちゃん”の陰に隠れた、日本女子史上最高の名勝負。~ボクシング五輪代表の座をかけて~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

 過去にないほどの盛り上がりを見せた、第10回全日本女子ボクシング選手権大会(2月8~11日、広島)。ロンドン五輪で初めて採用されるこの競技の予選代表選考も兼ねた重要大会に、プロの世界戦をもしのぐ数のメディアがかけつけた。

 そのお目当てはミドル級に出場したタレント山崎静代だったが、この日一番の見ものはフライ級決勝だった。男子の村田諒太とともに五輪のメダルに最も近いと期待される新本亜也と、ライバルの箕輪綾子が2分4ラウンドをフルに打ち合い、わが国女子ボクシング史上に刻まれるべき名勝負を演じたのである。

 対戦成績が1勝1敗と実力伯仲の両者、しかも今回は五輪予選の出場権のかかった一戦だけに燃えないはずがない。技術レベルが高く気持ちの強い者同士は、2匹の小さなタイガーのように最後まで死闘を展開した。何度も同じタイミングでベストショットを放ち合い、どちらかが倒れてもおかしくないブローもあったが、ともによく踏み留まった。この日は箕輪がより相手を研究し、初回から返しの左フックを有効に決めたのが勝負を分けた。結果は20-17と小差での勝ち。

日本の女子ボクシングの未来を感じさせる一戦だったが……。

 試合の間、女子ボクシングという“性差”を忘れて観戦していた。これは日本の女子史上最高試合ではないか。限られた観戦歴しか持たない筆者が訴えても説得力はないが、女子ボクシングのパイオニア、原千恵・日連女子委員長も同感だと言う。この試合のジャッジを務めた彼女は「日本の女子もここまで成長したかと、感動で涙が出ました」と言っていた。

 箕輪は大会MVPに選ばれたが、五輪予選を兼ねた世界選手権の代表になるためにさらにハードルを課せられた。選考基準の「過去1年の実績」では国際試合で何度も入賞している新本が優るため、箕輪には「3月のアジア選手権で3位以上に入賞すべし」との条件がつけられた。新本が昨年のアジア杯で銀、'10年のアジア大会で銅メダルを獲得していたためだ。

 日本の女子ボクシングの明日は明るいと感じさせたこの箕輪-新本戦、テレビが流した“しずちゃん”の膨大な試合映像のほんの一部でも割いてこの試合を放映してくれていたら、より広く女子ボクシングの魅力を伝えられたのにと思わずにはいられなかった。

関連コラム

関連キーワード
箕輪綾子
新本亜也
ロンドン五輪

ページトップ