SCORE CARDBACK NUMBER

“W杯絶望”で照射された、
ベッカムの影響力。
~スター選手がマネージャーへ!?~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2010/04/13 06:00

“W杯絶望”で照射された、ベッカムの影響力。~スター選手がマネージャーへ!?~<Number Web> photograph by AFLO

3月14日キエーボ戦で負傷。手術は成功したが、医師は「W杯のチャンスはない」と語った

 デイビッド・ベッカムのアキレス腱断裂は、サッカー界だけでなく、世界中に大きな衝撃を与えた。

 英国の首相ゴードン・ブラウンは、負傷後すぐに「ベッカムはイングランドサッカーの親善大使。早く復帰してくれることを願っている」とメッセージを送り、ACミランのオーナーでイタリア首相でもあるシルビオ・ベルルスコーニも激励の言葉をかけている。

 ここ2年間、ベッカムはワールドカップ出場だけを見据えて準備してきた。所属するLAギャラクシーから、コンディショニングのためにミランへ異例の2季連続で短期レンタル移籍したのも、イングランド人として初のワールドカップ4大会連続出場のため。それだけに全治6カ月の負傷が呼んだ波紋は大きかった。

カペッロ監督はベッカムに代表チームへの帯同を要請。

 しかし、選手としてではないが、どうやらベッカムは南アフリカの地を踏むことになりそうだ。

 イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は「すでにベッカムには、我々と一緒に南アフリカについて来てくれと伝えた。あとは彼次第だ」と、大会中の代表チーム帯同を要請。代表選手もそのプランに好意的で、キャリックは「皆ベッカムに会いたいはず。選手にとっても彼の存在はあと押しになる」と語っている。

 監督や選手が負傷した選手の帯同を望むのは珍しい。ピッチ内外で経験豊富なベッカムは選手からの求心力もあり、チームを牽引する力もある。ベッカムと同じ右MFの若手ウォルコットは「ベッカムに色んなアドバイスを受けた」と嬉しそうに語っていた。カペッロもそんな彼の統率力に期待しているのだろう。

負傷が明らかにしたスーパースターの際立つ存在感。

 この件に関してベッカムは未だコメントを出していないが、現在焦点となっているのが仮に帯同することになった場合の役割だ。

『イングランド代表の広報に就任すべき』(ガーディアン)

『選手と監督の間に立つマネージャー的役割がベスト』(デイリーミラー)

 すでにベッカムの元には、大会中のTV解説者としての巨額オファーも舞い込んでおり、引く手あまたの状況は昔のままだ。負傷しても霞むことのないベッカムの存在感。34歳になった今も、世界で最も影響力のある選手であることが証明された一件でもあった。

■関連コラム► W杯グループに恵まれたイングランド。2018年のW杯招致には大苦戦中。
► 不倫疑惑でテリーがキャプテン降格。セレブ揃いの代表でこの先大丈夫?

関連キーワード
デイビッド・ベッカム
南アフリカW杯

ページトップ