濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

2・26UFC日本大会は凱旋となるか?
秋山成勲、日本でのラストチャンス! 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/02/14 10:30

2・26UFC日本大会は凱旋となるか?秋山成勲、日本でのラストチャンス!<Number Web> photograph by Susumu Nagao

2009年7月にUFC初参戦を果たし、成績はこれまで1勝3敗。しかしながら、そのファイトスタイルが欧米で支持され、ファイト・オブ・ザ・ナイトを初戦から3回連続で受賞している。写真は2009年に行なわれたUFC100、アラン・ベルチャー戦のもの

 午前10時試合開始は、プロ格闘技のビッグイベントとしては前代未聞だ。2月26日のUFC日本大会(さいたまスーパーアリーナ)である。

 この異例のスケジュールは、アメリカのプライムタイムにPPV生中継を行なうためのもの。この大会はあくまで“本大会”であり“地方興行”の類ではないということだ。メインイベントでは、フランク・エドガーvs.ベンソン・ヘンダーソンのライト級タイトルマッチが組まれている。オーナーのロレンゾ・フェティータ氏いわく「日本にもアメリカでやっているUFCをそのまま持っていくよ」。

 もちろん、日本ならではのローカライズもある。五味隆典や山本“KID”徳郁ら、UFCと契約している日本人ファイターのほとんどが出場するのだ。世界最高峰の闘いを堪能し、また日本人ファイターに感情移入する。UFC日本大会には、この二つの柱があると言っていい。

日本格闘技史上最も嫌われた男の帰還。

 日本人選手の中でも、とりわけ気合いが入っているのはジェイク・シールズと対戦する秋山成勲だろう。UFC参戦を控えたインタビューで「日本の格闘技界を外から盛り上げるためにUFCに行く」と言い、さらに大会の記者会見でも「日本の格闘技界が元気がない分、大きな起爆剤になると思います」とコメントした秋山にとって、今回の試合は待ちに待った一戦だ。

 そんな秋山を、日本の観客が大歓声で迎えるかどうかは微妙なところだ。彼は日本格闘技史上、最もファンから嫌われた男なのである。

 2006年大晦日、秋山は『Dynamite!!』での桜庭和志戦で肌にクリームを塗りこむ反則、いわゆる“ヌルヌル事件”で出場停止となった。その後、DREAMを主戦場とした秋山だが、格下相手との試合を“お茶濁し”と批判されている。マッチメイクの希望が主催者サイドと折り合わず、秋山のUFC参戦には“日本で居場所をなくした”というイメージもあった。

【次ページ】 日本とは異なるUFCファイターとしての世界的評価。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
秋山成勲
ジェイク・シールズ
UFC

ページトップ