Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<横浜DeNAベイスターズGM> 高田繁 「最下位脱出のための再生プランを語ろう」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKenshu Sannohe

posted2012/02/03 06:00

<横浜DeNAベイスターズGM> 高田繁 「最下位脱出のための再生プランを語ろう」<Number Web> photograph by Kenshu Sannohe
日本ハムでの手腕を買われ、チームの再建を託された。
最重要課題は“編成哲学”のスタンダードを構築すること。
知略を武器にして、新生ベイスターズの挑戦が始まる。

 筆者がはじめてGMと話をしたのは、ドジャースのプレスボックスでのことだ。

 相手はポール・デポデスタ。そう、映画『マネーボール』でジョナ・ヒル演じる太っちょのGM補佐のモデルとなった人物だ。

「これまでとは違う発想でチームを強くしたいんだ」と語るデポデスタは、当時31歳。その言葉には自信があふれ、自分よりも年下のGMがとても眩しく見えた。

 ちなみに実際のデポデスタはとても痩せていて、映画版では太り過ぎにデフォルメされており、というよりもあまりにもオタクっぽい設定だったので、自分の名前が使われるのを拒否した。

 それから何人かのGMと話をした。ビリー・ビーン(アスレチックス)にジャック・ズーレンシック(マリナーズ)。いずれも語り口に独特の味わいがあり、メジャーではGM同士が「哲学」の戦争をしていることが手にとるように分かった。

春田オーナー(右)、池田球団社長ら若い経営陣と手を取り合っての船出

 さて、わが国ではどうか。私が日本のプロ野球で物足りないのは、GMの顔が見えないことだ。なにもアメリカを礼賛するわけではないが、そもそも日本ではGM制度が根付いていない。GMというポストを用意している球団も限られているし、その職掌もバラバラだ。日本では監督同士の戦いというイメージが強く、球団の戦略勝負といった面が薄い。

 それでも今シーズンから横浜DeNAベイスターズのGMに就任した高田繁は日本で唯一、GMとしてキャリアを積んできた人物といえるだろう。2004年オフに日本ハムのGMに就任すると、'06年には日本一の球団を作り上げた。その実績が評価され、DeNAのチーム作りを任されたことに疑いはない。

野球でやってないものといったらフロントの仕事だけだった。

 そもそも、高田が日本に馴染みの薄いGM職に就いた理由はなんだったのだろうか?

「もともと、日本ハムの大社(おおこそ)啓二オーナーが、監督は現場の指揮官であって強化の中心ではいけない、フロント主導でチーム作りをしたいという考えを持っていたんです。そこで北海道に移転したのをいい機会に、私にGMという立場で現場を見て欲しいという依頼がありました。私は選手をやって、コーチ、監督もやった。じゃあ、野球でやってないものといったらフロントの仕事だけ。単純に『面白そうだな』と思って、引き受けたんです」 ただし――と言葉をつないで、高田は日本とアメリカのGMの役割はまったく違うもの、と付け加えた。

「アメリカで『GM』といえば、球団から委任されて、経営、戦略、現場にも口を出す権限を持っています。一極集中ですよ。日本ハムの場合は『分業』です。経営のプロ、チームの戦略を練るプロがいて、私は現場を担当した。ファイターズの一軍、二軍の試合だけでなく、アマチュアの試合を丹念に見て、プロ野球経験者としての視点から選手の編成を考えていった。戦力を整えて監督に渡すというのが日本のGMの仕事で、あとは一切口を出さない」

【次ページ】 中田翔獲得の裏にあったチーム戦略とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
高田繁
横浜DeNAベイスターズ

ページトップ