THE MIRACLES 1980-2010 奇跡の演出者たちBACK NUMBER

<THE MIRACLES 1996.7.21>“マイアミの奇跡”への濃密な18分間~最強軍団をいかにしのいだか~ 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/04/08 11:30

<THE MIRACLES 1996.7.21>“マイアミの奇跡”への濃密な18分間~最強軍団をいかにしのいだか~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ジュニーニョはこの試合、両チームを通じて最多となる7本のシュートを放ったが、ついにゴールネットを揺らすことはできなかった

 やられた、やられた、やられたあっ――。ブラジルのテレビ局がアナウンサーの絶叫を伝えていたそのとき、GK川口能活は逆サイドのゴール裏へ視線を走らせた。電光掲示板の時計を見る。スコアが動くと時間を確認するのは、身体に染み付いた習慣だ。72分だった。まだ18分もある。「ここからだ」とDFに声をかけ、自らにも言い聞かせた。

 18時30分のキックオフから1時間以上が経過しているが、暗闇は訪れていない。マイアミが夜に包まれるのは、もう少し先だ。

 73分、リバウドがドリブルで持ち込んでくる。ボランチの服部年宏が身体をぶつけ、右ストッパーの鈴木秀人がドリブルのコースに立ちふさがる。リバウドは鈴木に衝突して倒れたが、バトンを渡されたようにジュニーニョがボールを引き継ぐ。3バック中央の田中誠は、ペナルティエリア寸前でジュニーニョの進路に足を伸ばした。ホイッスルが鳴った。

次々と襲いかかるシュートを川口がファインセーブで防ぐ。

「ジュニーニョのスピードは想像以上でした。後半10分くらいだったかな、ジュニーニョがエラシコで一瞬で服部さんを抜いたんです。コイツ、ただものじゃないと思った。普通は1対1で駆け引きをするんですけど、そんなことできる相手じゃない。あの場面はもう、身体ごと抑え込むしかなかった」

 ペナルティエリアすぐ外の直接FKである。川口は5枚のカベでゴールの右側を潰し、中央から左側に神経を注いだ。ブラジルの選手がカベに割り込んでくる。川口の視界から、ベベートが消えた。死角になってしまった。

「ベベートがFKを練習する映像を、偶然にもアメリカのテレビで観ていたんですよ。それが頭のなかに残っていた」

 ゴール左スミを襲った一撃を、川口は横っ飛びで弾き出した。この試合でブラジルが放った20本目のシュートである。3分後、ベベートと鈴木の競り合いに主審が反応する。ペナルティアークの手前で、またしても直接FKを与えてしまう。

 今度も川口は5枚の壁を用意し、ゴールの右側を消した。リバウドの左足シュートはカベの上を越えてきたが、川口は冷静に見切っている。「リバウドは疲れているようだったから」だ。あくまで直観的な印象だが、ここまでのところ彼の読みは外れていない。胸にしっかりと収め、弾き出してきた23本のシュートは、手応えをもたらしている。

簡単にシュートを打たせなかった、田中の粘り強い守備。

 82分、リバウドのスルーパスを受けたロナウドが、ペナルティエリア右へ侵入してくる。田中が間合いを詰める。飛び込むな。内なる囁きが聞こえてくる。

「一発でいって抜かれるのは絶対にマズいから、1対1は簡単に飛び込まないように心がけてました」

 田中にシュートコースを消されたロナウドは、ペナルティアークへボールを戻す。飛び込んできたフラビオ・コンセイソンのシュートは、味方がブロックした。

「最後のところは必ずプレッシャーにいって、フリーで打たせていない。あの場面もスライディングしているから、シュートが枠を逸れたと思うんです。ペナの外からなら、打たれてもまず大丈夫というのもあったし」

【次ページ】 清水商高の僚友、田中と川口の信頼関係が窮地を救う。

※クリックすると、写真を拡大表示します。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
川口能活
田中誠
アトランタ五輪
五輪男子サッカー

ページトップ