SCORE CARDBACK NUMBER

世界の高さを恐れない
小さなエースが躍動する。
~W杯バレー、米山裕太への期待~ 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/11/19 08:00

攻守のバランスがとれた米山が入ると、コート内におけるボールの流れがスムーズになる

攻守のバランスがとれた米山が入ると、コート内におけるボールの流れがスムーズになる

 11月20日、バレーボールの男子W杯が開幕する。対戦する11カ国すべてが世界ランキングでは18位の日本より格上だが、来年のロンドン五輪世界最終予選、そして五輪本番につなげるために、日本は1勝でも多く挙げたい。

 北京五輪では1勝が遠く、昨年の世界選手権は13位。その後はアジア大会で優勝するも、今年5~7月のワールドリーグは1勝11敗に終わった。世界のバレーは高さやパワーに加え、緻密さや組織力、速さといった、本来なら体格が劣る日本が勝らねばならない点においても急速に進化している。

 広げられた世界との差を埋めようと、日本は急ピッチでコンビの高速化やブロックの強化に取り組んだ。9月のアジア選手権でも5位と低迷したが、ここにきてチーム状態は徐々に上がってきた。攻撃の軸であるオポジットの清水邦広が怪我から復帰したのも明るい材料だ。

 ポジション争いが熾烈なのがアウトサイド。福澤達哉、石島雄介らタレントが揃う中、攻守に渡る安定感で欠かせない存在となっているのが米山裕太だ。サーブレシーブ力を買われて'09年に代表入りしたが、攻撃でも次第に存在感を増し、高速化にも一番フィットした選手である。

“W杯出場国最少”スパイカー、米山裕太の対応力。

「世界の中でずば抜けて身長の低い僕が、高いブロックからどう得点を奪うかを見てほしいですね」と話す。身長185cmのスパイカーはおそらくW杯出場国で最小。海外には2mを越える選手が揃っているが、その高いブロックを怖れない。

 国内で高さを武器に活躍してきた選手は、日本代表として海外の選手と対峙した時初めて、高さという壁にぶち当たる。しかし国内でも大きいとは言えない米山は、高校時代から自分より高い相手と対戦するのが日常だった。大きい相手に勝つために何をすべきかを追求し、高いブロックを越えるスピンをかけた打ち方や、ブロックアウト、リバウンドを取る技術と考え方を身につけてきたから、より高い海外のブロックにも「やることはそんなに変わらない」と対応できた。

 日本が強豪を打ち負かすには、サーブで崩し、サーブレシーブで踏ん張れるかがカギとなる。加えて、工夫を凝らし、正確に、しつこくという米山が得意とするようなバレーをチームとして徹底できれば、勝機は広がるのではないだろうか。

■関連コラム ► バレー女子代表がW杯で体現を狙う「超高速化」。~半永久的な課題を克服するために~
► バレーボールの戦術を変える陰の演出家。~ボールはプレーをどう変えるか?~

ページトップ