ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

豪州戦で見えた五輪代表の個性。
永井謙佑を軸としたその戦い方とは? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/06/03 10:30

豪州戦で見えた五輪代表の個性。永井謙佑を軸としたその戦い方とは?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

2ゴール1アシストと爆発的なプレーを見せつけた永井謙佑。「本当に永井様々です。いつもいいところで決めてくれる」と試合後に主将の山村和也もその信頼感を語った

 ロンドン五輪2次予選クウェート戦に向けて、最終調整の場となったオーストラリアU-22代表との親善試合は、U-22日本代表が3-1で逆転勝ちした。

 スコアだけ見れば、「2次予選に向けて弾みがついて良かった」と思える結果だ。だが前半、チームは仮死状態に陥ったように攻守に精彩を欠き、ほとんどサンドバッグ状態だった。そんな眠っていたチームを叩き起こし、救ったのが、名古屋グランパスの永井謙佑だった。

 オーストラリア戦は、永井にとってエースの真価が問われる一戦だった。

 5月、永井は調子を落とし気味だった。プロ1年目ながら注目され、期待され、開幕戦から出場した。

 その後、五輪代表での活動、Jリーグ、ACLでの試合が続いた。

 蓄積した疲れのせいか、スピードも鈍り、動きの質が落ちた。得点も、リーグ戦ではまだゼロのままだった。そのため代表合宿前の福岡戦では、久しぶりにスタメン落ちを経験していた。

 関塚隆監督も「5月はキレがなかった」と語ったように、エースの不調を危惧していたのである。

 だが、オーストラリア戦の前日、永井はそんな風評を聞き流すように、「コンディションは、悪くないです。Jリーグでは、取れていないですけど、試合に出たら、ゴールを決める。明日は絶対に取りますよ」と、ゴール宣言をしたのである。

「1点目は、気持ち良かった。イメージ通りに決められました」

 オーストラリア戦、2ゴール1アシストの活躍は、まさに有言実行だった。

 しかもゴールを決めた型は、自らの復調を印象付けるものだった。

 1点目は、山村和也からのパスを右斜め45度で受け、GKの動きを見て、冷静に決めるFWらしいゴールだった。2点目はDFの隙をついてボールを奪い、前に出てくるGKを見て、即座に浮かして入れた判断と技術の高さを見せ付けるものだった。

「1点目は気持ち良かったです。ヤマ(山村)からいいタイミングでボールが出て、トラップもうまくいったし、うまくコースを狙って流し込めた。最近ずっと入っていなかったんで、その反省を生かしつつ、イメージ通りに決められました」

【次ページ】 日本は永井を軸にして、ようやく戦闘態勢が整った。

イビチャ・オシムの「オシム問答」
<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
永井謙佑
ロンドン五輪
五輪男子サッカー

ページトップ