Sports Graphic NumberBACK NUMBER

【現地密着インタビュー】 宮崎大輔 「スペインで掴んだ世界への手がかり」 

text by

田口有史

田口有史Yukihito Taguchi

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/12/09 10:30

バルサなど世界レベルのチームと戦い、宮崎は着実に成長している

バルサなど世界レベルのチームと戦い、宮崎は着実に成長している

 20年ぶりの五輪出場にあと一歩と迫りながら、砕け散った夢。悔しさを抱えたまま、ハンドボール日本代表・宮崎大輔は、スペインの地でボールを追っていた。
ここには黄色い声援もない。ただ強くなるために、宮崎は考え、格闘している。

 スペイン・マドリッドから北へ約20km。新興住宅街といった趣きもあるアルコベンダスに、宮崎大輔はいた。市内のスポーツコンプレックスの体育館に辿り着くと、「よくここが判りましたねぇ」と驚きながら宮崎は出迎えてくれた。「オリンピックへ出るために」とトライアウトを受けてまで移籍した、世界最高峰のスペインリーグ。序盤戦を終えての手応えを、尋ねた。

「想像と違ったというより、想像以上のものがありましたね」

――今回海外へ、その中でもスペインを選んだ理由というのは何だったのですか?

「国際試合を通じて、オリンピックに出るには、個々を鍛えなきゃいけないと素直に思うようになったんです。チーム力というのもありますが、まずは個人の力をもっと強くして、チーム力の基となるレベルを上げる必要があると。やっぱり日本リーグだと徐々に、甘えみたいなものが出てきてしまうし、海外に出ないと変えられない部分も見えてきたんです。世界のリーグの中で、レベル的にはスペインとドイツが一番と言われているんですよ。

 大学を休学して約2年間留学したときに、2部まででしかプレーできなかったので、1部でやりたいという思いが強く残っていた、という理由もありますね」

――スペインに来てみて、想像していたのと違ったことはありますか?

「想像と違ったというより、想像以上のものがありましたね。プレーの技術レベルが想像以上に高くて、これでシュートが打てる! と思っても、簡単にゴールまでいかせてくれないんです。ポジショニングとか、ディフェンスの寄り方とか、リーチとか、一歩の感覚が全然違うんですよ。だから自分の間合いをしっかりと持っていないといけないですね。

 それと僕が以前から大事だと思ってきたことでもあるんですけど、ボールへの執着心。強くて大きくて動けて技術もあるような各国の代表クラスのスーパースターたちが、みんな一つのフリーボールに飛びついてくるんですよ。すごいですよね。思っていた以上のものがありました」

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 レベルの高いプロリーグでやらないと成長できない。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ