Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<現地潜入取材> 北朝鮮 44年前の奇跡をもう一度。/特集:W杯出場32カ国決定 

text by

金明昱

金明昱Kim Myung Wook

PROFILE

photograph byPark Jong Tae

posted2009/12/03 10:30

<現地潜入取材> 北朝鮮 44年前の奇跡をもう一度。/特集:W杯出場32カ国決定<Number Web> photograph by Park Jong Tae

マスゲーム“アリラン”。民謡“アリラン”をモチーフにしており、出演者は10万人といわれる。貴重な観光資源でもあり、会場には平壌市民の他、中国やヨーロッパ、アフリカからの観客も多く訪れていた

 誰もこの快挙を予想できなかっただろう。W杯に出場する32カ国の中で、最も強烈な異彩を放つ国。しかし、日本にはなぜ彼らがサプライズを起こせたのかは伝わってこない。
その真実を知るべく、“近くて遠い国”、朝鮮民主主義人民共和国の首都・平壌を訪れた。

 マスゲーム“アリラン”を見終えて、15万人収容を誇る北朝鮮最大のスタジアム、“メーデースタジアム”を後にした。バスの中で、リ・ガンホンが言う。

写真

リ・ガンホン
かつては在日朝鮮蹴球団で、センターフォワード、攻撃的MFとして活躍した。平壌市内を流れる普通江のほとりで、共に訪朝した愛娘ミソンちゃんと記念撮影

「ホテルに着いたら30分後に」

 リ・ガンホンは神戸生まれの在日朝鮮人2世で、在日本朝鮮人蹴球協会理事長と北朝鮮サッカー協会の副書記長を兼務する。今回の取材に際して、訪朝前から様々なアドバイスをくれていた。

 待ち合わせ場所は、投宿している高麗ホテルの最上45階。そこには、北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)を一望できる回転展望レストランがある。

 注文したビールが来るまでの間、窓の外を眺めた。夜空には無数の星が輝いている。その中で異様に浮かび上がる赤い炎。“主体思想塔”の最上部にある烽火のオブジェだけが、燃えたぎるように光りを放っていた。

 ウェイトレスが薄暗いフロアのテーブルにハイネケンを置いた。リ・ガンホンがウェイトレスを呼び止める。

「ピョンヤン産のビールはある?」

 再び運ばれたのは、北朝鮮で人気の“大同江ビール”。それを2つのグラスに注いだリ・ガンホンは、ゆっくりとビールを喉に流し込んだ。こちらも口元にグラスを運ぼうとしたときだった。

「2005年のドイツ・ワールドカップ予選のとき、協会内で本大会に何が何でも出場しようという雰囲気は正直、なかった。まだ当時の代表は、世界で戦えるレベルではなかったからね」

 突然の言葉に、手が止まった。しばしの沈黙。しかし、フロアに流れるマイケル・ジャクソンの『ヒール・ザ・ワールド』が、重い空気を掻き消していた。

44年ぶりのW杯出場を決めた北朝鮮の練習風景。

 北朝鮮は南アフリカ・ワールドカップアジア最終予選で、韓国、イラン、サウジアラビア、UAEと強豪揃いのグループBを2位で通過し、44年ぶり2度目のワールドカップ出場権を手にした。前回のドイツ大会最終予選で1勝5敗と惨敗した北朝鮮が本大会出場を決めたことは、世界中に驚きをもたらした。

 なぜ、北朝鮮は南アフリカへの切符を掴むことができたのか――。その真相を探るべく、北京経由で平壌へ飛んだ。

 最初に平壌市内にある故金日成主席の巨大な銅像を訪れ、1日目は観光に費やした。3日目の朝、ようやく北朝鮮代表の取材許可が下りると、平壌市郊外にある代表チームのトレーニングセンターに向かった。

写真

トレーニングセンターの敷地内中央に構える銅像

 目に飛び込んできたのは、全6面のピッチ。広大な敷地内には男子と女子の代表選手の宿泊施設があり、ウェイトトレーニングルームも備えられていた。さらに協会本部とユース代表選手用の宿舎も建設中という。総じて近代的とはいえないものの、着々と環境整備に取り組んでいる様子がうかがえた。

 少し黄色みがかった芝のピッチ上で、選手たちがボール回しに興じていた。それを監督のキム・ジョンフンが見守っている。こちらを確認すると、わざわざ歩み寄ってくれた。

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 柔和な笑顔を浮かべて、キム監督は歓迎の意を示した。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
南アフリカW杯

ページトップ