NumberEYESBACK NUMBER

絶望の淵から生還した
鈴木桂治の「執念」。
~全日本選手権優勝の意味~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/05/20 06:00

絶望の淵から生還した鈴木桂治の「執念」。~全日本選手権優勝の意味~<Number Web> photograph by AFLO

涙のVを飾った鈴木。全体重別で優勝した石井慧から対戦要求も

 4年ぶり4度目の優勝は、これまでのどの勝利よりも格別のものだったに違いない。

 昨年の大会を制した高橋和彦、昨年の世界選手権無差別級の金メダリストである上川大樹、100kg級の第一人者、穴井隆将……。有力選手が拮抗し、「本命不在」と言われた4月29日の全日本柔道選手権を制したのは、6月に31歳を迎える100kg超級の鈴木桂治だった。決勝の相手は穴井。2分37秒、相手のかけてきた大外刈を懸命にこらえると、大外返しで一本。その瞬間、両手を高々と突き上げて叫び、涙を流した。

「現役にへばりついていてよいのかと考えたこともありました」

「(優勝は)夢じゃないかと」

 止まらぬ涙とともに語る鈴木は、今年を「崖っぷち」と表現してきた。日本のエースだった柔道家は、自らそう言わずにはいられないほど、追い込まれていた。

崖っぷちで臨んだ全日本選手権で鈴木が見せた「違い」。

 2004年のアテネ五輪で金メダルを獲得した鈴木は、競技人生の区切りとするはずだった'08年の北京五輪でまさかの初戦敗退を喫した。

「このままではやめられない」とロンドン五輪を視野に入れ、現役続行を決意する。だが年齢の影響か、故障がちになり、得意とする足技の切れも失われていった。思うように勝てず、苦悶する姿も目立つようになった。'09年、国内大会の講道館杯で敗れると、思わず、「何で勝てないのか」「もうダメなんでしょうか」ともらした。昨年の世界選手権では初戦で敗れ、「夢であってほしいです」とうなだれた。11月には強化指定のランクが下げられた。

 それは来年に迫るロンドン五輪への道が険しくなったことを表していた。柔道の代表選考は、実績を重んじる。結果を残せず評価も落ちた以上、今年挽回できなければ3度目の五輪代表はない。「崖っぷち」には、その自覚が込められていた。

 4月初頭の全日本選抜体重別は決勝で上川に一本負け。崖っぷちも崖っぷち、まさに背水の陣で迎えた全日本選手権で、鈴木は、このところの試合とはひと味違った姿を見せる。集中を切らさず、一瞬の隙が生じるのを待ち続ける辛抱強さがあったのだ。それが決勝の穴井戦の勝利につながり、準々決勝の七戸龍との試合でも、劣勢に立たされながら我慢して勝利を手繰り寄せた。

【次ページ】 8月にパリで行なわれる世界選手権100kg超級代表に。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
鈴木桂治
ロンドン五輪
オリンピック
柔道

ページトップ