SCORE CARDBACK NUMBER

面白さが凝縮された、「怪物不在」の甲子園。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2007/09/06 00:00

面白さが凝縮された、「怪物不在」の甲子園。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 第89回夏の甲子園大会を放送するABC朝日放送のキャッチフレーズは「怪物出現」だった。大阪桐蔭の怪物スラッガー、中田翔の出場を見込んで作った惹句である。しかし、大阪桐蔭は大阪大会決勝で金光大阪に敗れ、多くの関係者は落胆した。昨年、甲子園球場を興奮の坩堝に巻き込んだ斎藤佑樹(早稲田実)や田中将大(駒大苫小牧)のような中心軸の役割を中田に期待したからだ。

 開幕前から中心軸はブレていたわけだが、開幕すると活躍が期待された有力校が次々と序盤戦で姿を消し、中心軸はさらにブレ続けた。1回戦で金光大阪、駒大苫小牧、報徳学園が、2回戦で、最速155キロの豪腕・佐藤由規擁する仙台育英が、準々決勝で帝京が敗れた。いずれも人気があり、選手の能力も高いチームだから関係者は青ざめた。このままでは甲子園球場に閑古鳥が鳴いてしまうと。

 しかし、そういう思惑とは別に、グラウンドでは生き生きとプレーする球児たちの姿があった。170メートルのホームランも155キロの剛速球もない代わりに、きっちり守り、全力で走るというスタンダードな高校野球のスタイル。それを象徴していたのが春の選抜大会で優勝した常葉菊川と準優勝校の大垣日大の戦い方だった。

 常葉菊川は田中健二朗と石岡諒哉、大垣日大は森田貴之と箕浦和也という屈指のバッテリーを擁し、決勝に進出した選抜大会以降も強さを維持し続けた。僕たちマスコミは春の時点で両校をもっと評価しなくてはいけなかったのに、夏も中心軸に据えることをためらい、スター選手の動きに目をやりすぎた。テレビや女性週刊誌を巻き込んだ昨年の斎藤フィーバーを皆、追い求めすぎたのである。

 この常葉菊川を準決勝で大接戦の末に破った広陵、そして準々決勝で帝京を破った佐賀北は、勢いがついたチームの怖さをまざまざと見せつけた。

 前評判の高低が往々にして人気を左右するが、甲子園は生き物である。勝ち上がりながら実力をつけていくチームこそ甲子園の覇者にはふさわしい。昨年の早稲田実もそういうチームだった。

 開幕前には名前すら挙がらなかった九州勢がベスト8に3校残り、前評判が高かった近畿勢は3回戦で全滅した。甲子園の面白さがここに凝縮されている。

ページトップ