SCORE CARDBACK NUMBER

絶好調のサンズを支えるナッシュの存在感。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2005/04/14 00:00

 昨年10月、フェニックス・サンズのトレーニングキャンプ中のこと。紅白戦でオーバータイムを何度やっても同点で、決着がつかなかったことがあった。しかたなくコーチが同点のまま練習を終わらせると、「決着がつくまでやるべきだ。バスケットボールに引き分けはないんだから」とコーチに食ってかかった選手がいた。キャンプ当時30歳、チーム最年長だったスティーブ・ナッシュだ。温厚な性格の裏で、人一倍負けず嫌いの彼は、勝負がつかないままに終わることに納得できなかった。

 昨季は29勝53敗とどん底の成績だったサンズが、今季は一転して53勝17敗(3月28日現在)と好調で、リーグ首位を争っている。その大躍進の理由のひとつに、ナッシュの加入がある。今季ナッシュが怪我で欠場した6試合のサンズの成績が2勝4敗であることからも、いかにチームにとって大きな存在かがわかる。的確なアシストを配し、チームメイトの才能を生かす名ポイントガードというだけでなく、見かけによらず熱い男でもある。

 3月20日、メンフィス戦で相手に8連続得点を入れられた後のタイムアウト中、ナッシュがベンチの椅子を蹴り、投げるという場面があった。チームがディフェンスをしようという姿勢を見せていないことに対して、怒りを表したのだという。

「ディフェンスをしないチームがどうなるか、僕は知っている。前にそういうチームにいたから」とナッシュは言う。昨季まで所属していたダラス・マーベリックスのことだ。能力ある選手が揃い、得点力は抜群、レギュラーシーズン成績はいつもリーグのトップクラスだったが、ディフェンスが甘く、そのため毎年プレイオフで脆くも敗れ去っていた。その二の舞だけはしたくない。その思いが、この日の「喝」になった。そして、その試合、サンズはグリズリーズを91点に抑える好ディフェンスで勝利をあげている。

 アップテンポで高得点のサンズについて、「そのスタイルではプレイオフは勝ち抜けない」と否定的な声は多い。しかし、ナッシュは言う。「僕らは、この(アップテンポな)スタイルでなければ優勝を狙うこともできない。自分たちに最もあったスタイルでプレーし、あとは成功するように祈るしかないんだ」

 プレイオフは4月23日から始まる。

関連キーワード
NBA

ページトップ