青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

欧米に次々現れる同世代の天才たち。
石川遼はライバルに追いつけるか? 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/04/30 08:00

欧米に次々現れる同世代の天才たち。石川遼はライバルに追いつけるか?<Number Web> photograph by Getty Images

2009年の全英オープンでは首位と4打差の13位タイでローアマチュアを獲得しているマッテオ・マナセロ。2010年のマスターズには16歳11カ月で最年少出場記録を刻み、さらに予選も突破。同年5月には欧州ツアー最年少優勝記録も。写真は、マキロイを破って優勝したメイバンク・マレーシア・オープンのもの

 アゼリアの花と美しい緑に包まれた年1回の宴は終わった。だが、オーガスタに吹いた新時代の風は、いまも世界に吹き続けている。

 マスターズの翌週にマレーシアで行われた欧州ツアー、メイバンク・マレーシア・オープンでは21歳のローリー・マキロイがまたしても優勝を争っていた。

 オーガスタでは首位で迎えた最終日のバックナインで歴史に残る大失速。3パットに4パット、池ポチャまでありの惨憺たる内容は、立ち直るのに相当な時間を要する。もしかしたら立ち直れないのではないかと心配になるほど痛々しいものだった。

 しかし、若さは大きな失望をあっという間に払いのけた。再び迎えた次戦、最終日のバックナイン。12番のダブルボギーで優勝にこそ手は届かなかったが、最終的に5バーディーを奪うタフネスぶりを見せて3位にまで食い込んだ。

「結果には満足してないけど、我ながら先週のマスターズからよく立ち直ったと思うし、終盤の14、16、17番でバーディーを取り返せたこともすべてがポジティブに感じられる。いい1週間が過ごせた」

 そこにはオーガスタでの悲痛な表情を洗い流し、たくましく成長した姿があった。

マスターズで首位を争った21歳のマキロイを破ったイタリアの俊英。

 そして、マキロイをかわして逆転優勝を飾ったのはイタリア・ヴェローナ出身の俊英、マテオ・マナセロだった。

 この大会の2日後が18歳の誕生日。

 ようやく車を運転することもできるようになって「イタリアでは大きなエンジンを積んだ車を運転するにはあと何年か必要なんだ。まあ、その分小さい車で安全だからいいけどね」と笑ったティーンエイジャーである。

 マナセロもまた、マスターズの悔しさをバネにしていた。

 昨年は全英アマ覇者として大会史上最年少出場を果たし、そのまま最年少での予選通過を成し遂げた。自らの名を世に知らしめた思い出のマスターズに、今年はプロとして初挑戦するのを心待ちにしていた。

 だが、マナセロの姿はオーガスタにはなかった。

【次ページ】 欧州ツアー最年少優勝記録と世界ランク33位を誇る17歳。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
石川遼
マッテオ・マナセロ
ローリー・マキロイ
ジェイソン・デイ
マスターズ

ページトップ