SCORE CARDBACK NUMBER

6月、日本開催の大舞台。U20薫田ジャパンが挑む。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2009/01/29 00:00

6月、日本開催の大舞台。U20薫田ジャパンが挑む。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 「前日に負けたばかりなのに、次の朝8時には合宿に来て午前の練習から出てくれた。彼らの意欲を感じました」

 12月22日、東芝グラウンドでそう話したのは、今年6月に日本で開催されるジュニア世界選手権(JWC)で日本代表を率いる薫田真広監督だった。20日に始まった合宿には、まず明大のSO田村優やPR小野慎介ら、大学選手権に進めずにシーズンを終えたチームの選手が集合。同じ20日、東西4カ所で行われた大学選手権1回戦が終わると、敗れた8校の選手も追加招集。翌朝には、秩父宮で行われた帝京大との激戦にフル出場した1年生FB仲宗根健太ら慶大の3選手が府中へ。福岡の試合で敗れた天理大のCTBアイセア・ハベア、花園の試合で敗れた日体大のLO新関世志輝ら他チームの選手も夜までには合流。22日のフィットネステストでは、帝京大戦から中1日の強行軍で臨んだ仲宗根がBK主体の2組目で2位に食い込んでみせた。

 「日本が招致を目指している2015年W杯のとき、仲宗根たちは26~27歳で代表の中心になっている世代。世界と戦えるハートのある選手を選びたいし、試合後すぐに合宿に来てくれた選手の姿勢には感謝しています」(薫田)

 U20の選手資格は前年末現在の18~19歳。日本では早生まれの大学2年生から遅生まれの高校3年まで。帝京大のSH滑川剛人や東海大LO安井龍太、法大WTB竹下祥平など1年生ながらシーズンをほぼ皆勤した選手もいる一方で、例えば昨年もU20代表だった早大FB井口剛志は、今季の公式戦出場は大学選手権の筑波大戦、東海大戦の計24分がすべてだ。

 「強豪国はほぼ全員がプロ選手。日本は高校生と、まだ試合経験の浅い大学1、2年生。冷静に見て、厳しい図式です」

 それを覚悟で、薫田監督が掲げるキーワードは「超武闘派」だ。サイズ・経験・技術すべてで上回る敵を倒すため、身体を張り続ける選手を揃えるのだ。

 6月の本大会で、日本はイングランド、サモア、スコットランドと同じB組。

 「世界の強化が若年化する中で、同世代のプロと勝負できるのはそれ自体チャンス。超武闘派をやりきれば、プールで2勝する可能性は十分あると信じてます」

 JWCは日本で開催される初めてのラグビー世界大会。僕らも期待してます!

ページトップ