SCORE CARDBACK NUMBER

「遅れてきた松坂世代」
久保康友は逆襲の立役者。
~CSにかける阪神の原動力~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/09/25 06:00

「遅れてきた松坂世代」久保康友は逆襲の立役者。~CSにかける阪神の原動力~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

交流戦に強く、通算14勝は川上憲伸(現・ブレーブス)に並んで歴代最多タイ記録である

 8月以降、阪神タイガースが急速に調子を上げている。3位ヤクルトに最大13.5ゲーム差をつけられ、一時はクライマックスシリーズ(CS)出場が絶望視されていたが、7カード連続勝ち越し(9月7日現在)で、2.5ゲーム差まで追い上げてきた。この原動力となっているのが、開幕からローテーションを守り続けている5年目の久保康友である。

 久保康生投手コーチも「1年を通じて先発ローテーションを守り、大崩れしない。どんな試合でも6回までゲームを作ってくれる」と、久保の働きに合格点を与えている。

開幕間際に阪神に移籍した「松坂世代最後の大物」。

 2004年のドラフトでは「松坂世代最後の大物」として注目を集め、松下電器から自由獲得枠でロッテに入団。関大一高卒業からプロ入りまでに6年要したが、「同世代の杉内俊哉(ソフトバンク)が社会人3年目でプロ入りした頃は、正直言って焦りました。1年目から先発投手として試合に出られそうな球団でしたので、ロッテに入団することを決めました」と、その経緯を打ち明けてくれたことがある。

 ルーキーイヤーこそ10勝3敗で新人王に輝き球団の日本一に貢献したが、その後の3年間は計20勝と勝ち星は伸びず、監督だったバレンタインの信用も獲得できなかった。

 案の定と言うべきか、開幕直前にトレードで阪神に移籍することになったが、社会人時代に一緒にプレーしたことのある能見篤史、また同じパ・リーグから移籍した金村曉がいたため、すぐチームに打ち解けられたという。「勝てないとファンからの視線が厳しい球団だから、早く勝ち星を挙げろよ」と、我がことのように久保の投球を案じてくれたのは、自身も未勝利だった金村だった。

史上最速でセ・パ全12球団からの勝利投手に。

 5月25日、古巣・ロッテ戦で移籍後初勝利を挙げ、7月14日の中日戦では史上7人目となるセ・パ全12球団からの勝利投手に。史上最速となる通算34勝目での達成に、「交流戦があるおかげ」と照れくさそうに謙遜していた。

「どんな時でも甲子園にお客さんが来てくれる阪神は、最高に投げがいがある」と語る久保。信頼を勝ち獲った阪神で、遅れてきた松坂世代がチームを3年連続のCSへと導く。

■関連コラム► 夏に目覚めた虎の5番・新井貴浩に、ボン・ジョヴィがよく似合う。 (2009年8月24日)
► 真弓監督が取り組む“微妙な変革”。~「ダメ虎」にはまだ早い!~ (2009年6月9日)

関連キーワード
久保康友
金村曉
阪神タイガース

ページトップ