SCORE CARDBACK NUMBER

格闘賢者「TK」が、引退試合で見せたもの。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2006/05/25 00:00

格闘賢者「TK」が、引退試合で見せたもの。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 「今日の高阪の試合を見て自分も燃えました。自分もああいう試合ができるように頑張らなくてはと思いました」

 5月5日、PRIDE無差別級GP。メインで西島洋介(高田道場)をワンサイドで下した吉田秀彦(吉田道場)は、親友・高阪剛(チーム・アライアンス)の話題を振られると語気を強めた。無理もない。この日、引退をかけてマーク・ハント(ニュージーランド)戦に臨んだ高阪はスタンドの打撃でボコボコにされながら、最後まで勝負を諦めずに真正面から立ち向かっていったのだから。

 かつてK―1ワールドGP王者に輝いたハントのパンチを受けて何度もよろめきながら、そのたびにパンチで応戦。タックルを切られても、執拗に同じ軌道のタックルを仕掛けていった。死に物狂いという言葉を安易に使いたくはないが、この日の高阪はまさにそうだった。

 なぜそこまで顔を腫らしながら、弱気にならないのか? なぜそこまで迷うことなく同じ技を繰り出せるのか? そんな疑問を吹っ飛ばすほど、この日の高阪は猪突猛進型のファイターに変貌していた。今まで賢者と呼ばれていたのが嘘のようだが、それには深い理由があった。

 昨年秋、試合中に初めて前に出ようとしない自分に気がついて高阪は引退を決意した。しかしそのまま辞めたら、悔いが残る。そこで高阪は自分自身に勝って身を引くため、無差別級GPへの出場を決意した。有言実行。ピーク時には練習後に二足歩行できなくなるまで追い込んだ。自然と体重は減り、修行僧のような顔つきになった。その追い込み方を目の当たりにしたら、だらしのない筆者の生活態度を改めたくなったほどだ。

 もっとも高阪にドラマがあれば、ハントにも前人未到のK―1、PRIDE制覇という目標がある。果たして勝利の女神は130kgのサモア人に微笑んだ。2R、右フックをもらった高阪は頭からコーナーに突っ込んだ。ハントはすぐに相手が向きを変えて立ち向かってくることを予想したが、その体勢のまま高阪は動くことができなかった。肉体の限界による、壮絶なレフェリーストップ負け。それでも最後まで自分の意志を貫き通したという意味で、自分に勝つことはできた。試合後、高阪はセコンドに呟いた。

 「なんで俺は止められたんだ?」

ページトップ