総合格闘技への誘いBACK NUMBER

桜庭電撃移籍の波紋。 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2006/05/09 00:00

桜庭電撃移籍の波紋。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 「いや~、とんでもない恥をかきましたよ」

 苦笑まじりにこう言うのは、全国区のスポーツ新聞で格闘技を担当するベテラン記者だ。長年この業界で活躍している事情に精通した記者で、筆者もたまにネタをいただく気さくで頼れる存在である。そのベテラン氏が、「いやはや」といった面持ち。一体、どんな恥を……?

 「桜庭の『HERO'S』への移籍ですよ。まさかあの日、リングに上がるなんて……」

 5月3日、桜庭和志はタイガーマスクの覆面をかぶり『HERO'S』の舞台へ前田日明と共に立ちスポットライトを浴びマイクを持った。会場はこのサプライズに、期待と戸惑いの両方を内包する歓声があがっていた。そして翌日の記者会見で、桜庭の『HERO'S』への正式参戦が発表されたのだ。

 ベテラン氏は、3月末に所属先の高田道場を円満退社しフリーになった桜庭の『HERO'S』参戦が格闘技界でちょっとした噂になったとき、「それだけは絶対にない!」と公言してまわったのだそうだ。それがこの結果である。ベテラン氏の記者としての立場を考えれば、恥かしくて穴にも入りたくなるだろう。

 「それにしてもあの関係が崩れるとは……」

 ベテラン氏は最後に感慨深くそう言い残した。そう、ファン以上に驚かされたのがベテラン氏をはじめ記者たちだったのは確かである。この情報を前日までに拾っていた格闘技マスコミ関係者はほとんどおらず、著名な格闘技ライターでさえ当日聞いて腰が抜けるほど驚いたという。

 総合格闘技界の寵児と桜庭が持てはやされて以来、師である高田延彦やPRIDEを運営するDSEとの蜜月ぶりを目の当たりにするにあたり、彼を取り巻く環境は一蓮托生といってもよかった。フリーになることも30代後半になる桜庭の年齢を鑑みれば自分の道場を立ち上げることに何の不自然さもなく、むしろ遅いといってもいいぐらいの選択だった。「高田さんに一生ついていく」といった旨の発言を日頃からしていたことを考えれば、記者たちにとってまさに“青天の霹靂”とも呼べる出来事だったわけである。

 誤解を恐れずにいえば、外国人選手はオカネで動くこともあるが、義を尊重する傾向にある日本人選手はそうでもない。とくに桜庭にかぎっては。

 くだんの記者会見で『HERO'S』参戦の理由を尋ねても、FEGの谷川貞治社長のラブコールに「死ぬほど悩んだ」といった程度の発言にとどまり、毎度の桜庭節によって核心には迫れないまま。おそらく桜庭の性格を考えれば、この件に関してしばらくは口を開くことはないだろう。

 そこで、桜庭とUWFインターナショナル時代から懇意な間柄にあるメディカルアドバイザーの野呂田秀夫氏にコメントを求めてみた。ちなみに野呂田氏は、『HERO'S』でスーパーバイザーを務める前田日明の後見人でもあるが、団体などの利害とは関係なく、選手たちとは一個人として屈託なく向き合う人物であり、その人望は篤い。桜庭とは同郷の秋田県出身だ。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
桜庭和志

ページトップ