SCORE CARDBACK NUMBER

苫小牧からアメリカへ、
鷲谷修也という男の挑戦。
~MLBにドラフト入団した21歳~ 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byShinichi Tsugawa

posted2010/02/09 06:00

苫小牧からアメリカへ、鷲谷修也という男の挑戦。~MLBにドラフト入団した21歳~<Number Web> photograph by Shinichi Tsugawa

米国の短大野球界で名門と言われるデザート短大では、俊足巧打の右翼手として活躍した

 スポーツ刈りで細身。プロ野球選手たちが合同自主トレを行なっている沖縄・浦添市民球場に、まるで高校球児のような風貌をした選手の姿があった。鷲谷修也(わしや・なおや)外野手、21歳。昨年6月にワシントン・ナショナルズから14巡目(全体412番目)で指名されて入団した。MLBの球団にドラフト指名された史上2人目の日本人となった。

 駒大苫小牧の出身で、'05年夏の甲子園優勝、'06年準優勝のメンバー。田中将大(楽天)と同僚だった。大学受験に失敗し「野球ではメシを食っていけない。ちゃんと勉強しよう」と米国留学を決意。金融関係を学ぶためカリフォルニア州の短大に入学した。「とてもくだらない動機なんですけど、ある女性の方から『商社マンってカッコいい。商社マンになったら合コンしようね』って言われたんです。これはもう目指すしかないなと」と冗談めかして、当時を振り返る。

昨季の年俸はわずか60万円。それでも「下から這い上がる」。

 ところが'08年、短大でプレーしていた鷲谷をナショナルズが42巡目で指名。その誘いを一度は断ったが、'09年にも前年を上回る順位で指名を受けて「運命なのかな。(自分の居場所に)来るべくして来たのかな」と再び野球の表舞台に立つ決意をした。そしてルーキーリーグでは40試合に出場。打率2割4分6厘、12盗塁。ポストシーズンでも10打数5安打とチームのリーグ優勝に貢献した。

 昨季の年俸は日本円で約60万円。今後はマイナーの階段を上り、メジャーという遥か彼方の頂きを目指すことになるが、「やっぱり他人が出来ないこと、やったことないことをやりたい。ドラフト指名選手はもちろん、野手で下から上がった日本人っていないじゃないですか。だから必ずやりたいんです」と語気を強める。

泥に塗れるマイナー選手でも、心構えはメジャー級。

 尊敬する選手は「いません」、好きなタイプの野手を聞いても「うーん、いませんね」と首を捻る。小学校の卒業文集では憧れの選手に「イチロー」と書いたし、今回自主トレに参加させてもらった岩村明憲の統率力も見習うが、「大きいことを言うわけじゃないけど、同業者を尊敬していてはいけないと思う。学ぶところはあるけど、尊敬した時点でその人を越えられない。だからこういう言い方をしているんです」と心構えは既にメジャー級。バスに揺られ、泥に塗れ、マイナー2年目の挑戦がはじまる。

■関連コラム► パイレーツ入りの岩村明憲、お遍路姿で決意を語る。 (10/01/20)
► アメリカでチャンスを探す日本人たち。~三澤興一、竹岡和宏の挑戦~ (09/02/05)

関連キーワード
ワシントン・ナショナルズ

ページトップ