Jリーグ 

ガンバ堂安律、走るようになった!U-20W杯で主役を張れる根拠と自信。

話が終わったらボールを蹴ろう

ガンバ堂安律、走るようになった!
U-20W杯で主役を張れる根拠と自信。

堂安律が調子を上げてきている。4月30日の横浜F・マリノス戦では、後半19分、左サイドの藤春廣輝が出したグラウンダーのパスをニ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/05/02

都倉賢と福森晃斗、札幌で開花中。不遇を知る憲剛も「嬉しいよね」。

JリーグPRESS

都倉賢と福森晃斗、札幌で開花中。
不遇を知る憲剛も「嬉しいよね」。

5年ぶりのJ1復帰を果たした北海道コンサドーレ札幌が健闘を見せている。開幕こそ連敗でのスタートとなったが、第4節サンフレッチ… 続きを読む

いしかわごうGo Ishikawa

2017/04/28

尹晶煥はなぜ山村をトップ下に……?“韓国らしからぬ技巧派”の決断とは。

Number Ex

尹晶煥はなぜ山村をトップ下に……?
“韓国らしからぬ技巧派”の決断とは。

「今日の試合の結果とは関係なく、皆さまの前で1周して挨拶するつもりでした」その目に、4失点を喫し4ゴールを挙げた試合結果は… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2017/04/27

J1通算20000点目を決めた地味な男。清水・金子翔太、3年前と不変の姿勢。

話が終わったらボールを蹴ろう

J1通算20000点目を決めた地味な男。
清水・金子翔太、3年前と不変の姿勢。

20000ゴールを決めた瞬間、金子翔太は左手の薬指に軽くキスをした。4月に入籍した3歳年上の彼女への愛情と感謝のしるしだった。… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/04/24

なぜ宇賀神友弥は浦和で不動なのか。平川から受け取り、関根に渡す愛。

JリーグPRESS

なぜ宇賀神友弥は浦和で不動なのか。
平川から受け取り、関根に渡す愛。

2012年に浦和レッズのミハイロ・ペトロビッチ体制がスタートして以来、今も変わらずコンスタントに活躍するのは4人しかいない。W… 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

2017/04/21

攻撃一辺倒のサッカーに「あれっ」。遠藤航が浦和の現実路線を語る。

話が終わったらボールを蹴ろう

攻撃一辺倒のサッカーに「あれっ」。
遠藤航が浦和の現実路線を語る。

浦和レッズらしさがなかった。しかし、FC東京を相手に1-0でしっかりと守り勝ち、これまでの浦和との「違い」を見せてくれた。昨… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/04/20

細貝萌、絆創膏に秘めていた決意。柏加入はJ復帰ではなく「挑戦」。

サムライブルーの原材料

細貝萌、絆創膏に秘めていた決意。
柏加入はJ復帰ではなく「挑戦」。

細貝萌の手のひらに、小さな絆創膏が貼られてあった。帰国からまだ1週間も経っていない。7年ぶりにJリーグに復帰し、柏レイソル… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/04/16

柏ユースから青森山田へ電撃移籍!代表でも活躍する17歳がなぜ……。

“ユース教授”のサッカージャーナル

柏ユースから青森山田へ電撃移籍!
代表でも活躍する17歳がなぜ……。

誰もが驚いた柏レイソルU-18のエースストライカーの青森山田高校への転入。小4から柏レイソルのアカデミーで育ち、昨年はAFC U-1… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/04/16

明神の隣で学び、石崎に鍛えられ。大谷秀和が刻んだ柏での300試合。

Jをめぐる冒険

明神の隣で学び、石崎に鍛えられ。
大谷秀和が刻んだ柏での300試合。

キックオフの数分前、オーロラビジョンに映し出されたのは、ひとりの選手のプロ入りからこれまでの足跡だった。今から14年前の柏… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/04/15

新戦力OK、試合内容OK、でも6連敗。大宮が入り込んだ迷宮の正体は何?

JリーグPRESS

新戦力OK、試合内容OK、でも6連敗。
大宮が入り込んだ迷宮の正体は何?

負のループに陥るというのは、こういうことを言うのかもしれない。大宮アルディージャが苦しんでいる。昨シーズンのJ1リーグでク… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/04/14

最後のタイトルから12年が経ち……。東京ヴェルディ、3つの「P」で復活。

JリーグPRESS

最後のタイトルから12年が経ち……。
東京ヴェルディ、3つの「P」で復活。

「テープを投げるよ。ほら手伝って」国立競技場のゴール裏にいた少年は、見知らぬ大人から緑色の紙テープを渡された。 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2017/04/13

久保建英は同世代の強烈な刺激に。平川怜、監物拓歩らが見せた競争心。

“ユース教授”のサッカージャーナル

久保建英は同世代の強烈な刺激に。
平川怜、監物拓歩らが見せた競争心。

4月8日に開幕したユース年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯プレミアリーグ。イーストの開幕戦は味の素スタジアム西競技場で、2日間… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/04/12

北朝鮮代表での最初は“おまけ枠”。引退のJリーガー安英学、代表での日々。

JリーグPRESS

北朝鮮代表での最初は“おまけ枠”。
引退のJリーガー安英学、代表での日々。

安英学引退のニュースを耳にした。3月17日のことだ。今月30日には新潟で引退セレモニーも行われるという。昨年末に横浜FCを退団… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2017/04/11

首位を走る神戸の勝因は、守備!レアンドロ復帰までに攻撃は整うか。

話が終わったらボールを蹴ろう

首位を走る神戸の勝因は、守備!
レアンドロ復帰までに攻撃は整うか。

ヴィッセル神戸が首位を快走している。5連敗中の大宮からしっかりと勝ち点3を獲得、ネルシーニョ監督は「首位を守る大事なミッシ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/04/11

「リオ以外何もなかった」昨季。原川力、自分も鳥栖も改革する。

話が終わったらボールを蹴ろう

「リオ以外何もなかった」昨季。
原川力、自分も鳥栖も改革する。

原川力という名前を聞いて思い出すのは、2016年1月のAFC U-23選手権だろう。リオ五輪を目指したU-23日本代表の一員としてプレー… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/04/08

ユース時代、小野裕二は伝説だった。鳥栖で突出した存在感を発揮せよ。

話が終わったらボールを蹴ろう

ユース時代、小野裕二は伝説だった。
鳥栖で突出した存在感を発揮せよ。

小野裕二が帰ってきた。今シーズン、ベルギーから帰国し、サガン鳥栖に完全移籍した小野は2節の川崎フロンターレ戦で足を負傷し… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/04/07

代表のためにスタイルは変えない。西川周作は浦和式でつなぎ続ける。

Jをめぐる冒険

代表のためにスタイルは変えない。
西川周作は浦和式でつなぎ続ける。

スターティングラインナップには、ちょっとした異変が起きていた。3月23日に行われたロシアW杯アジア最終予選。アウェーのUAE戦… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/04/07

権田修一、味スタで流した涙の裏側。「あのピッチに立つことが怖かった」

ミックスゾーンの行間

権田修一、味スタで流した涙の裏側。
「あのピッチに立つことが怖かった」

人生で初めての九州暮らし。自宅から車を走らせると、サガン鳥栖の練習場に掲げられたエンブレムが目に飛び込んでくる。「なんか… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/04/06

「やっとサッカー分かってきたな」鄭大世に響いた憲剛からのメール。

JリーグPRESS

「やっとサッカー分かってきたな」
鄭大世に響いた憲剛からのメール。

「サッカー王国」が燃える日――。4月1日、J1で4シーズンぶりに「静岡ダービー」が実現する。エコパスタジアムで開演する大舞台… 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

2017/03/31

“DFW”矢野貴章、今や本当のDF。レオ・シルバ後の新潟で影の番長に。

話が終わったらボールを蹴ろう

“DFW”矢野貴章、今や本当のDF。
レオ・シルバ後の新潟で影の番長に。

アルビレックス新潟の右サイドバック・矢野貴章と横浜F・マリノスのサイドハーフ・齋藤学の“ガチバトル”は、なかなか見応えが… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/03/26

ページトップ