高校野球 

清原和博がプライドを覗かせた日。「自分の名前が出て、嬉しい……」

One story of the field

清原和博がプライドを覗かせた日。
「自分の名前が出て、嬉しい……」

カレンダーを見ると、ゾッとする。まるでゲームの世界か何かのように、どんどん時間が自分の後ろへとすっ飛んでいく。「今年もあ… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

2017/12/31

マウンドと傾斜が違うブルペンって。野球が上手くなるための意外な視点。

マスクの窓から野球を見れば

マウンドと傾斜が違うブルペンって。
野球が上手くなるための意外な視点。

プロ野球では、敬遠の四球の“4球”がなくなる方向にあるという。監督が球審に敬遠の意思を伝えれば、走者は一塁へ向かう。来季… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/12/26

ピッチャー返しはなぜ有効なのか。雑談から飛び出した驚きの理論。

マスクの窓から野球を見れば

ピッチャー返しはなぜ有効なのか。
雑談から飛び出した驚きの理論。

野球は“オフ”も、それなりに楽しい。野球関係者が集まる会合で、また散会後のひとときに、アルコールの勢いもちょっと借りた感… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/12/25

山本昌「中高生にスライダーは危険」大谷・マエケンは投げなかった。

野球善哉

山本昌「中高生にスライダーは危険」
大谷・マエケンは投げなかった。

高校生や大学生投手に関する記事を読んでいて、ふと疑問に思うフレーズがある。それは「完成度」という言葉だ。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2017/12/19

野球の新練習法は冗談から生まれる。外野の頭を越えたらグラブを外す?!

マスクの窓から野球を見れば

野球の新練習法は冗談から生まれる。
外野の頭を越えたらグラブを外す?!

12月に入ってからの野球界のニュースといえば、「大谷翔平」か「契約更改」。どちらも浮世離れした数字が飛び交うばかりで、関係… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/12/19

第100回甲子園、大阪代表は2校だが。大阪桐蔭と履正社が同地区では……。

詳説日本野球研究

第100回甲子園、大阪代表は2校だが。
大阪桐蔭と履正社が同地区では……。

来夏の甲子園大会は100回記念ということで北海道、東京以外でも、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7府県から2校が… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2017/12/10

健大高崎vs.遊学館が熊野で実現!?センバツまで4カ月、才能を発見。

マスクの窓から野球を見れば

健大高崎vs.遊学館が熊野で実現!?
センバツまで4カ月、才能を発見。

「くまのベースボールフェスタ」の試合会場の1つになった「木本(きのもと)高校」のグラウンドは、ネット裏のすぐ後ろの土手の… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/12/05

高校球界屈指のショートが大集結。晩秋の熊野は、次世代の才能の宝庫。

マスクの窓から野球を見れば

高校球界屈指のショートが大集結。
晩秋の熊野は、次世代の才能の宝庫。

熊野の駅の名前は「熊野市」という。駅のホームからすぐ改札の小さな駅だが、そこから南に真っすぐ5分も歩けば、目の前は一面の… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/12/04

16歳の大谷翔平に衝撃を受けた地。「晩秋のセンバツ」で熊野が燃える!

マスクの窓から野球を見れば

16歳の大谷翔平に衝撃を受けた地。
「晩秋のセンバツ」で熊野が燃える!

名古屋から特急に乗っても、大阪から乗っても、3時間半かかる。今は道のりの半ばほどまで有料道路が整備されたが、始まった10年… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/12/03

大阪桐蔭最強世代の中心は変り種。あらゆる意味でマルチな男・根尾昂。

野球善哉

大阪桐蔭最強世代の中心は変り種。
あらゆる意味でマルチな男・根尾昂。

松坂大輔のいた横浜高以来となる4大大会制覇の偉業は、最初の大会で潰えた。今年の春のセンバツ王者にして、ドラフト候補4人以上… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2017/11/17

大阪桐蔭トリオと大学の下級生たち。神宮大会が来年のプロ注選手だらけ!

詳説日本野球研究

大阪桐蔭トリオと大学の下級生たち。
神宮大会が来年のプロ注選手だらけ!

高校野球は新チームが最初に臨む全国大会、大学野球は4年生が最後に臨む全国大会――。11月10日に開幕する明治神宮大会のことだ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2017/11/09

“伝令さん”は高校野球の名黒子。「審判に怒られるまで語ってこい」

マスクの窓から野球を見れば

“伝令さん”は高校野球の名黒子。
「審判に怒られるまで語ってこい」

高校野球の話をしていたら、「あの伝令って、あれはいったいなんなんだ?」ということになった。主に、ピンチの場面だろう。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/10/22

どう考えても、敬遠は逃げではない。広陵・中村と松井秀喜の「差」は何か。

野ボール横丁

どう考えても、敬遠は逃げではない。
広陵・中村と松井秀喜の「差」は何か。

なぜ、敬遠を「逃げ」と表現するのだろう。野球というスポーツは目の前の打者と「勝負しない」ことはできても、「逃げ」ることな… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/09/07

甲子園で人気の金属バットはどれ?68本塁打リストと高性能化の影響。

野ボール横丁

甲子園で人気の金属バットはどれ?
68本塁打リストと高性能化の影響。

金属バットが打球をとらえた音を聞いただけで、「これは〇〇社の〇〇という型ですね」と見事にいい当ててしまうのは、東京都立川… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/09/06

広陵の叶わなかった10年越しの夢。「止まった、ですね。時間が」

野ボール横丁

広陵の叶わなかった10年越しの夢。
「止まった、ですね。時間が」

現実は、ドラマのようにはいかない――。この夏の甲子園は、それを改めて思い知った。この夏の広陵は、2つの意味でドラマチック… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/09/03

ヘッドスライディングは自己満足か。甲子園の「最後まで諦めない」の姿。

野ボール横丁

ヘッドスライディングは自己満足か。
甲子園の「最後まで諦めない」の姿。

この夏、ヘッドスライディングへの見方が少し、変わった。夏の甲子園が開幕する直前、ある週刊誌の取材で2006年夏の準々決勝、智… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/09/01

甲子園勝利数・日本地図を大公開。王国は大阪と兵庫、豪雪地帯は……。

酒の肴に野球の記録

甲子園勝利数・日本地図を大公開。
王国は大阪と兵庫、豪雪地帯は……。

関東地方は雨続きだったが、関西は相変わらずで、暑い暑い暑い甲子園が終わった。今年の甲子園は、メディアにとって「ままならな… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/09/01

「練習は嘘をつかない」は嘘だ。花咲徳栄の練習場で見た本物の実戦。

マスクの窓から野球を見れば

「練習は嘘をつかない」は嘘だ。
花咲徳栄の練習場で見た本物の実戦。

祭りが終わった。埼玉代表・花咲徳栄高の強さは圧倒的だった。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/08/28

広陵・中村の本塁打で甦った'85年夏。清原和博が今も忘れない、あの瞬間。

Number Ex

広陵・中村の本塁打で甦った'85年夏。
清原和博が今も忘れない、あの瞬間。

あの夏がよみがえった。センターバックスクリーンと左翼に描かれた2つの放物線。広陵・中村奨成が準決勝の天理戦で今大会5、6本… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

2017/08/25

夏のブラバン甲子園、ベスト3発表!済美の応援団には美しい奇跡も……。

甲子園の風

夏のブラバン甲子園、ベスト3発表!
済美の応援団には美しい奇跡も……。

16日間にわたり熱戦が繰り広げられた夏の高校野球。全出場校のブラバン応援をアルプススタンドで聴きまくった“高校野球ブラバン… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

2017/08/25

ページトップ