高校野球 

「清宮に回す敬遠」はあり? なし?

言わせろ!ナンバー

「清宮に回す敬遠」はあり? なし?

Number編集部Sports Graphic Number

2017/05/17

高校野球の敬遠はとかく物議を醸す。「清宮に回す敬遠」の2つの問題。

野ボール横丁

高校野球の敬遠はとかく物議を醸す。
「清宮に回す敬遠」の2つの問題。

早実の清宮幸太郎の背中が、怒っていた。14日、早実は、熊本で行われたRKK招待野球大会で、地元の強豪・秀岳館と対戦し、1-5で… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/05/15

埼玉・花咲徳栄の野村佑希は化物か。高校野球ミレニアム世代にまた1人。

詳説日本野球研究

埼玉・花咲徳栄の野村佑希は化物か。
高校野球ミレニアム世代にまた1人。

今年の高校2年生は2000年生まれで、なおかつ逸材揃いということもあり“スーパーミレニアム世代”と言われている。 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2017/05/11

タイブレークの影響はどこに出るか。高校野球界の超長時間練習に影響?

マスクの窓から野球を見れば

タイブレークの影響はどこに出るか。
高校野球界の超長時間練習に影響?

第100回全国高校野球選手権大会。来年、2018年の「夏の甲子園」は第100回の記念大会になる。地区予選の参加校数の多い北海道、東… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/05/01

18-17の“思わず笑っちゃう”激勝。清宮幸太郎「いやあ、宣誓だ……」

Number Ex

18-17の“思わず笑っちゃう”激勝。
清宮幸太郎「いやあ、宣誓だ……」

スコアを見ただけで、とんでもない試合だったことは伝わるだろう。昨年の秋季大会と同カードとなった春季東京都大会決勝は延長12… 続きを読む

田村航平(Number編集部)Kohei Tamura

2017/04/28

高校野球は、人を粗末に扱ってきた。野球部員の減少を実感する瞬間とは。

マスクの窓から野球を見れば

高校野球は、人を粗末に扱ってきた。
野球部員の減少を実感する瞬間とは。

以前のコラム「2つの甲子園」には、おかげさまでたくさんの反響をいただいた。ありがとうございましたと、心から御礼を申し上げ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/04/25

清原にホームランを打たれた男達。勝負の先にも続く「人生」の深み。

書店員のスポーツ本探訪

清原にホームランを打たれた男達。
勝負の先にも続く「人生」の深み。

「人生を変えた本」を1冊選ぶのは難しいが、何冊でも挙げてもいいというなら必ず入れたい本がある。海老沢泰久『ヴェテラン』。… 続きを読む

伊野尾宏之Hiroyuki Inoo

2017/04/23

高校野球部はガチすぎて入りづらい。甲子園を目指さない選択肢が必要だ。

マスクの窓から野球を見れば

高校野球部はガチすぎて入りづらい。
甲子園を目指さない選択肢が必要だ。

センバツが幕を閉じたのと呼応するように全国で大学野球のリーグ戦が幕を開け、同様に、社会人野球も各地で地方大会が始まって、… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/04/07

甲子園で21点は取る方だって辛い。センバツ21世紀枠に足りない視点。

野ボール横丁

甲子園で21点は取る方だって辛い。
センバツ21世紀枠に足りない視点。

今選抜大会の決勝、履正社対大阪桐蔭のカードは、おそらく今、日本で1位、2位にランキングされるチーム同士の戦いだった、と言っ… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/04/06

新風が巻き起こったセンバツ応援。甲子園に響いた「アゲアゲホイホイ」。

甲子園の風

新風が巻き起こったセンバツ応援。
甲子園に響いた「アゲアゲホイホイ」。

大阪桐蔭vs.履正社という、史上初の大阪代表同士による決勝戦となった今年のセンバツ。4月1日に大阪桐蔭が5年ぶり2度目の優勝を… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

2017/04/05

大阪桐蔭・根尾昂は野球の常識の外。片手捕球、ジャンプスロー、スキー。

野球善哉

大阪桐蔭・根尾昂は野球の常識の外。
片手捕球、ジャンプスロー、スキー。

マウンドの輪の中にいる、投手ではそう大きくない彼の姿に、やはり持っている男なのだなと思った。根尾昂(ねお・あきら)。春・… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2017/04/05

大阪桐蔭に流れる“投”のDNA。中田、藤浪、そして徳山の共通点。

マスクの窓から野球を見れば

大阪桐蔭に流れる“投”のDNA。
中田、藤浪、そして徳山の共通点。

こういう投手になっているとは思わなかった。去年の秋は、もっと力を入れて、速い球を投げようとしていた。彼の内側で燃えていな… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/04/04

甲子園にも球数制限を設けるべき。斎藤佑樹、太田幸司の頃とは違う。

詳説日本野球研究

甲子園にも球数制限を設けるべき。
斎藤佑樹、太田幸司の頃とは違う。

第89回選抜大会は「延長戦の多い大会」という記憶が残るだろう。 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2017/04/04

監督自ら50回通って選手を獲る。大阪桐蔭の土台は徹底したスカウト。

野ボール横丁

監督自ら50回通って選手を獲る。
大阪桐蔭の土台は徹底したスカウト。

今選抜大会の決勝でぶつかった大阪桐蔭と履正社は、他チームと比べると、選手の力が抜けていた。しかし両チームとも、二言目には… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/04/03

第89回センバツ大会で印象に残った学校は?

言わせろ!ナンバー

第89回センバツ大会で印象に残った学校は?

Number編集部Sports Graphic Number

2017/04/03

全校生徒800人で、野球部は10人。不来方の快挙は危機の裏返しだ。

野球善哉

全校生徒800人で、野球部は10人。
不来方の快挙は危機の裏返しだ。

たった10人の部員が躍動する姿に、見ていた人の多くが感動を覚えたに違いない。センバツ5日目の第3試合に21世紀枠で出場の不来方… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2017/04/03

安楽智大の232球から4年、今年も……。WBCの球数制限とセンバツの野放図。

野球善哉

安楽智大の232球から4年、今年も……。
WBCの球数制限とセンバツの野放図。

あれから4年――。この偶然をどう受け止めていいのか。あの一件から4年が経つ。2013年春のセンバツ大会。当時、済美にいた安楽智… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2017/04/02

東海大福岡・安田大将に頭が下がる。120kmのボールで打者を崩す緩急の妙。

マスクの窓から野球を見れば

東海大福岡・安田大将に頭が下がる。
120kmのボールで打者を崩す緩急の妙。

東海大福岡高・安田大将の大奮投には、まったく頭が下がるばかりだった。「清宮・早稲田実業」を7回まで6安打2失点に抑えながら… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/03/31

秀岳館の監督は大阪桐蔭に屈さず。「褒めちぎらないとだめですか?」

野ボール横丁

秀岳館の監督は大阪桐蔭に屈さず。
「褒めちぎらないとだめですか?」

一見、温厚な紳士に見えるが、恰幅のいい体内には負けん気が充満していて、それがあふれ出すことがある。29日、健大高崎(群馬)… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/03/30

今年の高校野球は人材が濃いぞ……。選抜ベスト8の選手で打線を組んだ。

マスクの窓から野球を見れば

今年の高校野球は人材が濃いぞ……。
選抜ベスト8の選手で打線を組んだ。

甲子園は準々決勝が面白い。昔から言い継がれてきた、甲子園の“セオリー”の1つであろう。そして、このセンバツの準々決勝。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/03/30

ページトップ