サッカー日本代表 

「単なるスーパーサブじゃない」U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「単なるスーパーサブじゃない」
U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

ドリブルを得意とし、サイドからガンガン突破を仕掛けていくタイプの選手は、試合の流れを一気に変える存在として、チームのスー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/18

「タイミングがズレる」U-20の不安。必要なのは、サッカーを楽しむ自信。

話が終わったらボールを蹴ろう

「タイミングがズレる」U-20の不安。
必要なのは、サッカーを楽しむ自信。

「合宿の練習でやったことができたのは50%ぐらいかな」U-20W杯の大会前キャンプの締めとなる練習試合のホンジュラス戦後、堂安… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/05/17

ピッチに響く久保建英の甲高い声。U-20でも発揮し始めた中心感。

サッカー日本代表PRESS

ピッチに響く久保建英の甲高い声。
U-20でも発揮し始めた中心感。

5月20日に開幕するU-20ワールドカップで、日本が何かを成し遂げることができたら──。15日に行なわれたホンジュラスとの練習試… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/05/16

洗練されたサッカー小僧・堂安律。U-20W杯、ドリブルよりシンプルに。

“ユース教授”のサッカージャーナル

洗練されたサッカー小僧・堂安律。
U-20W杯、ドリブルよりシンプルに。

堂安律の進化が止まらない。今の彼のプレーは昔と違い、より洗練され、ゴール前での存在感自体が脅威となっている。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/15

名波監督「高原、柳沢、城より……」英才教育の小川航基が持つ才能。

“ユース教授”のサッカージャーナル

名波監督「高原、柳沢、城より……」
英才教育の小川航基が持つ才能。

「あいつはね、高級な魚だよ」5月10日行われたルヴァンカップ・清水vs.磐田の静岡ダービーの試合後。記者会見を終え、引き上げる… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/12

J1即スタメン、原輝綺18歳の苦悩。強すぎる使命感をU-20で忘れろ!

“ユース教授”のサッカージャーナル

J1即スタメン、原輝綺18歳の苦悩。
強すぎる使命感をU-20で忘れろ!

5月7日、新潟に激震が走った。クラブからチームを指揮する三浦文丈監督の突然の休養が発表され、当座は片渕浩一郎コーチが監督代… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/10

久保建英がJ1でも「できること」。なぜ彼は自分を見失わないのか。

サッカー日本代表PRESS

久保建英がJ1でも「できること」。
なぜ彼は自分を見失わないのか。

FCバルセロナが認めたメイド・イン・ジャパンの才能が、いよいよ世界デビューを果たす。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/05/09

磐田で控え、世代別代表ではエース。小川航基は前園、清武級になれるか。

話が終わったらボールを蹴ろう

磐田で控え、世代別代表ではエース。
小川航基は前園、清武級になれるか。

日本の「エース」を名乗るのにふさわしい回答だった。小川航基(磐田)は、U-20日本代表候補合宿最終日の千葉との練習試合(30分… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/04/22

代表新エース候補、久保裕也は強気。「ゴールを決める。発散はそれだけ」

Sports Graphic Number

代表新エース候補、久保裕也は強気。
「ゴールを決める。発散はそれだけ」

2-0。ハリルジャパンは、昨年9月にホームで敗れたUAEに借りを返した。司令塔オマル・アブドゥルラフマンに対して徹底した包囲網… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/04/14

原口元気「良い方向に進んでいる」W杯で勝つなら今の戦い方は正解だ。

サッカー日本代表PRESS

原口元気「良い方向に進んでいる」
W杯で勝つなら今の戦い方は正解だ。

日本代表はどこへ向かうべきか。その道筋がおぼろげながら、見えたのかもしれない。その根拠としてまず挙げられるのは選手たちが… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2017/04/02

宇佐美貴史はこのまま消えるのか。「自分に栄養を与えている段階」

話が終わったらボールを蹴ろう

宇佐美貴史はこのまま消えるのか。
「自分に栄養を与えている段階」

ロシアW杯最終予選のタイ戦、ジョーカーの登場は後半39分だった。ハリルホジッチ監督が信頼し、期待する11番はロスタイムに清武… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/04/01

ハリル「プレッシャーは大好きだ」監督業はマゾでなければ務まらない。

サッカー日本代表PRESS

ハリル「プレッシャーは大好きだ」
監督業はマゾでなければ務まらない。

「(なぜなら)私はマゾヒズムのスペシャリストだからだ」20年余りにわたってアーセナルを率いるアーセン・ベンゲルは先ごろ、「… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2017/03/31

ハリルと選手、理想のズレは大丈夫?今も代表に残るポゼッションの影。

サッカー日本代表PRESS

ハリルと選手、理想のズレは大丈夫?
今も代表に残るポゼッションの影。

「無失点で終えられたのは奇跡に近い」ロシアW杯最終予選のタイ戦後、吉田麻也はそう試合を振り返った。 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2017/03/30

ハリルジャパンのフォーメーション、ベストはこれだ!

言わせろ!ナンバー

ハリルジャパンのフォーメーション、ベストはこれだ!

Number編集部Sports Graphic Number

2017/03/30

ボランチが守備型+守備型の問題点。福西崇史「シュンやヒデと組む時は……」

福西崇史の「考えるサッカー」

ボランチが守備型+守備型の問題点。
福西崇史「シュンやヒデと組む時は……」

W杯出場権獲得を狙う上で、タイ相手に4点差で勝ったことはもちろん評価すべきです。ただそれと同時に「ボランチって、本当に難し… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2017/03/29

押し込まれ、振り回された4-0。タイに苦戦するハリルJの真実。

サッカー日本代表PRESS

押し込まれ、振り回された4-0。
タイに苦戦するハリルJの真実。

ロシアW杯の出場を争うサウジアラビアやオーストラリアの関係者たちが、日本対タイ戦の結果を映像より先に文字で確認したら――… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/03/29

今もアジアでは頭ひとつ抜けている?ハリルJが証明した代表の潜在能力。

ワインとシエスタとフットボールと

今もアジアでは頭ひとつ抜けている?
ハリルJが証明した代表の潜在能力。

今からもう10年以上前になるだろうか。バーレーンの首都マナマでバーレーン代表を取材したときのことだった。無人のピッチを歩い… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2017/03/28

原口元気のミドルが攻撃を作る。年末の特訓は引く相手のために。

サッカー日本代表PRESS

原口元気のミドルが攻撃を作る。
年末の特訓は引く相手のために。

原口元気は、喜んでいた。3月23日、アウェーの地でUAEを2-0で下した試合を後押ししたサポーターへ挨拶をしたあとのことだった。… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2017/03/27

なでしこジャパンは生まれ変われるか?横山久美、長谷川唯ら新世代の通信簿。

なでしこジャパンPRESS

なでしこジャパンは生まれ変われるか?
横山久美、長谷川唯ら新世代の通信簿。

新体制になってから初めての国際大会、アルガルベカップを6位で終えたなでしこジャパン。初戦でスペインに負け、続くアイスラン… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2017/03/26

長野から、なでしこのエースへ――。進化し続けるストライカー・横山久美。

なでしこジャパンPRESS

長野から、なでしこのエースへ――。
進化し続けるストライカー・横山久美。

リオデジャネイロ五輪アジア最終予選で、なでしこジャパンが敗退してから、丸1年が経った。ワールドカップ優勝(2011)と準優勝… 続きを読む

松原渓Kei Matsubara

2017/03/25

ページトップ