著者プロフィール 

安藤隆人Takahito Ando

1978年2月9日生まれ。岐阜県出身。大学卒業後、5年半の銀行員生活を経て、フリーサッカージャーナリストに。育成年代を大学1年から全国各地に足を伸ばして取材活動をスタートし、これまで本田圭佑、岡崎慎司、香川真司、柴崎岳など、今の日本代表の中心メンバーを中学、高校時代から密着取材。国内だけでなく、海外サッカーにも精力的に取材をし、これまで37カ国を訪問している。2013年~2014年には『週刊少年ジャンプ』で1年間連載を持った。現在はテレビ、ラジオなど幅広く活動し、講演会も月2のペースで行っており、全国、世界を飛び回っている。主な著書は『走り続ける才能達 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)などがある。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss
J2の首位を走るファジアーノ岡山。守護神・一森純はCBとの二刀流!?

“ユース教授”のサッカージャーナル

J2の首位を走るファジアーノ岡山。
守護神・一森純はCBとの二刀流!?

9試合中6試合がクリーンシートで、1試合複数失点は無し。J2リーグ最少失点タイの3失点で首位を快走するファジアーノ岡山。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/21

全国の強豪集まる謎のサッカー大会?「船橋招待」支える市立船橋監督の志。

“ユース教授”のサッカージャーナル

全国の強豪集まる謎のサッカー大会?
「船橋招待」支える市立船橋監督の志。

「強豪が強豪の名にあぐらをかいていていいのか――」市立船橋高校サッカー部を率いる朝岡隆蔵は、自分達のあり方についてずっと… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/15

ベガルタの快進撃を支える21歳。謙虚すぎる万能FW、西村拓真。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ベガルタの快進撃を支える21歳。
謙虚すぎる万能FW、西村拓真。

昨年、ルヴァンカップのニューヒーロー賞に輝いたのは、クラブ史上初のベスト4に輝いたベガルタ仙台の20歳のストライカー・西村… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/14

ヴィッセルの大型新人・郷家友太。高校生が「プロ意識」を掴むまで。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ヴィッセルの大型新人・郷家友太。
高校生が「プロ意識」を掴むまで。

J1第5節・柏レイソルvs.ヴィッセル神戸の一戦で、神戸の高卒ルーキー・MF郷家友太がスタメンフル出場を果たした。183cmと大型だ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/08

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?中村俊輔と母校で考えた環境の話。

“ユース教授”のサッカージャーナル

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?
中村俊輔と母校で考えた環境の話。

薄暗い照明、黒色の土のグラウンド――1人の選手がボーっと薄く浮かび上がるように立っていた。雨上がりでグラウンドには、まだ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/05

「ロシアW杯は柴崎岳の大会」となる?常に一歩先を読んで生きる男の挑戦。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「ロシアW杯は柴崎岳の大会」となる?
常に一歩先を読んで生きる男の挑戦。

“遠藤保仁の後継者” 3月27日のキリンチャレンジカップ・日本vs.ウクライナ戦でのこと。スタメン出場を果たした柴崎岳のテレビ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/02

高3の時に「メッシの背番号は僕が」。ハリルJの新星・中島翔哉の青き炎。

“ユース教授”のサッカージャーナル

高3の時に「メッシの背番号は僕が」。
ハリルJの新星・中島翔哉の青き炎。

0-1で迎えた60分。中島翔哉は宇佐美貴史に代わって、閉塞感が漂うピッチに投入された。日本代表のベルギー遠征の初戦となったマ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/27

風間サッカーを体現する和泉竜司。名古屋で迎える再びの“キレキレ”!

“ユース教授”のサッカージャーナル

風間サッカーを体現する和泉竜司。
名古屋で迎える再びの“キレキレ”!

「あの頃と同じように楽しそうにプレーをしているなぁ」名古屋グランパスのMF和泉竜司の今の姿を見て、そう思った。J1開幕戦のア… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/25

J注目の逸材、前橋育英のFW榎本樹。“選手権優勝弾男”の評価をぶち破れ!

“ユース教授”のサッカージャーナル

J注目の逸材、前橋育英のFW榎本樹。
“選手権優勝弾男”の評価をぶち破れ!

「人生で一番嬉しい瞬間だった」強烈なインパクトを与える一撃で、彼は一躍有名人となった。今年1月8日の第96回全国高校サッカー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/19

17歳CBは予定通りのJ1デビュー!?名古屋・菅原由勢は何者なのか。

“ユース教授”のサッカージャーナル

17歳CBは予定通りのJ1デビュー!?
名古屋・菅原由勢は何者なのか。

「とても17歳には見えない」名古屋グランパスで開幕戦スタメンフル出場を果たし、それ以降もリーグ戦3試合連続でスタメンフル出… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/14

「俺は走れるようになったんだ!」新潟・早川史哉、白血病との戦い。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「俺は走れるようになったんだ!」
新潟・早川史哉、白血病との戦い。

2018年2月21日。アルビレックス新潟の選手達がキャンプで静岡に滞在している頃、新潟駅に降り立った。午前中は晴れていたそうだ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/11

高木俊幸、善朗、大輔3兄弟の宿命。「将来は3人全員J1の舞台で……」

“ユース教授”のサッカージャーナル

高木俊幸、善朗、大輔3兄弟の宿命。
「将来は3人全員J1の舞台で……」

「大輔もトシも新天地でノビノビとやって結果も出ているので、僕も頑張らないといけない」今季、J2東京ヴェルディからJ2アルビレ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/06

CBとFW両方の才を持つ田上大地。長崎でJ1初ゴールを決めた必然。

“ユース教授”のサッカージャーナル

CBとFW両方の才を持つ田上大地。
長崎でJ1初ゴールを決めた必然。

V・ファーレン長崎というクラブにとって、歴史的な日となった2018年2月24日。昨年、クラブ史上初となるJ1昇格を果たし、この日は… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/03

U-17、U-20のW杯に出続けること!森山佳郎U-16代表監督の深い覚悟。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-17、U-20のW杯に出続けること!
森山佳郎U-16代表監督の深い覚悟。

サンフレッチェ広島ユースを日本トップレベルの育成組織に引き上げ、昨年は日本代表を率いてU-17W杯を戦った森山佳郎監督。熱血… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/03/01

ポドルスキ、憲剛から何を学んだ?神戸・小川慶治朗、25歳の脱皮宣言。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ポドルスキ、憲剛から何を学んだ?
神戸・小川慶治朗、25歳の脱皮宣言。

いきなりだが、筆者の好きなミュージシャンに1つにMr.Childrenがある。彼らの名曲“名もなき詩”の一節に、『知らぬ間に築いてた… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/02/23

U-17W杯で痛感した世界最強との差。福岡慎平と上月壮一郎の成長曲線。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-17W杯で痛感した世界最強との差。
福岡慎平と上月壮一郎の成長曲線。

2018シーズンの幕開けとなった富士ゼロックススーパーカップの前に、日本高校サッカー選抜とU-18Jリーグ選抜によるネクストジェ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/02/15

大学まで無名→群馬→大宮→柏。江坂任と瀬川祐輔、経歴が似過ぎ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

大学まで無名→群馬→大宮→柏。
江坂任と瀬川祐輔、経歴が似過ぎ。

江坂任と瀬川祐輔。この2人は“数奇な運命”で結ばれている。江坂は1992年5月31日生まれ、兵庫県出身。瀬川は1994年2月7日生まれ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/02/04

前橋育英サッカー部監督にして校長。山田耕介の真っ直ぐな人生を考える。

“ユース教授”のサッカージャーナル

前橋育英サッカー部監督にして校長。
山田耕介の真っ直ぐな人生を考える。

前橋育英高校サッカー部監督であり、前橋育英高校の校長先生。2つの顔を持つ山田耕介監督に、新たな顔が加わった。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/01/16

柏U-18から青森山田転入の1年間。中村駿太、涙のラストプレーと感謝。

“ユース教授”のサッカージャーナル

柏U-18から青森山田転入の1年間。
中村駿太、涙のラストプレーと感謝。

最後の最後に自分のところに大きなチャンスがやって来た。しかし、左足を振り抜いた瞬間「あ、外れる……」と分かる感触だった。… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/01/14

前橋育英と流経柏の凄すぎる決勝戦。高校サッカー離れした“戦術バトル”。

“ユース教授”のサッカージャーナル

前橋育英と流経柏の凄すぎる決勝戦。
高校サッカー離れした“戦術バトル”。

まさに“死闘”だった。第96回全国高校サッカー選手権大会決勝・前橋育英vs.流通経済大柏の一戦は、0-0で迎えた後半アディショ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/01/09

1 2 3 4 5 9 NEXT >>

ページトップ