著者プロフィール 

安倍昌彦Masahiko Abe

1955年、宮城県生まれ。早稲田大学高等学院野球部から、早稲田大学でも野球部に所属。雑誌『野球小僧』で「流しのブルペンキャッチャー」としてドラフト候補投手のボールを受ける活動を始める。著書に『スカウト』『流しのブルペンキャッチャーの旅』『若者が育つということ 監督と大学野球』など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss
高3・大谷翔平のボールを受けた日。「超高速変化球投手」という新種。

マスクの窓から野球を見れば

高3・大谷翔平のボールを受けた日。
「超高速変化球投手」という新種。

大谷翔平は「変化球投手」だと言ったら、きっと多くの人から、バカ言ってんじゃないよ! とお叱りをいただくことだろう。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/04/13

大阪桐蔭の深さを知った草むしり。彼らの目標は「甲子園」ではない。

マスクの窓から野球を見れば

大阪桐蔭の深さを知った草むしり。
彼らの目標は「甲子園」ではない。

やはり、終わってみれば、大阪桐蔭だった。今年の大阪桐蔭のメンバーの、1人ひとりの力量が抜けていることはわかっていた。ポテ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/04/11

本塁クロスプレー、捕手の位置は?センバツで気になった「暴力と知恵」。

マスクの窓から野球を見れば

本塁クロスプレー、捕手の位置は?
センバツで気になった「暴力と知恵」。

「センバツ甲子園」は“本命・大阪桐蔭”が最後までレベルの高い野球を展開し続けて、その幕を閉じた。大会前に予想したのは、次… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/04/08

「選手の夢」欄に出るセンバツの姿。プロ志望と普通の高校生が戦う奇跡。

マスクの窓から野球を見れば

「選手の夢」欄に出るセンバツの姿。
プロ志望と普通の高校生が戦う奇跡。

「センバツ高校野球」が行われている甲子園球場には、場内の通路に、主催の毎日新聞社が20ページに及ぶ「センバツ特集号」を置い… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/03/29

センバツ屈指の投手王国、松山聖陵。プロ注目の土居豪人だけじゃない。

マスクの窓から野球を見れば

センバツ屈指の投手王国、松山聖陵。
プロ注目の土居豪人だけじゃない。

松山聖陵高のグラウンドにおじゃましたのは、2月の下旬。社会人野球・東芝の松山キャンプがたまたま1日だけ休日になって、ならば… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/03/27

センバツの東海大相模に漂う予感。エース・斎藤礼二はやはり格が違う。

マスクの窓から野球を見れば

センバツの東海大相模に漂う予感。
エース・斎藤礼二はやはり格が違う。

根尾昂内野手、藤原恭大外野手をはじめとするドラフト候補5人衆とも、6人衆ともいわれる大阪桐蔭高が頭一つ、二つリードと評され… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/03/26

2018ドラフトの稀少な捕手を発見。スカウト注目の上武大・吉田高彰。

マスクの窓から野球を見れば

2018ドラフトの稀少な捕手を発見。
スカウト注目の上武大・吉田高彰。

3月上旬……立春もとっくに過ぎているのに、北から吹きつける風はまだまだ冷たく、日なたなら野球は見られるが、日陰や曇りの日… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/03/25

広島にまたも現れた大物高校生捕手。昨年は中村奨成、今年は黒川直哉。

マスクの窓から野球を見れば

広島にまたも現れた大物高校生捕手。
昨年は中村奨成、今年は黒川直哉。

久しぶりに広島にやってきたのは、地元の放送局の番組に呼んでいただいたからだ。今年は年の初めから、あちらこちら呼んでいただ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/03/20

新庄の母校・西日本短大附に逸材が。潜在力・中村宜聖と名手・近藤大樹。

マスクの窓から野球を見れば

新庄の母校・西日本短大附に逸材が。
潜在力・中村宜聖と名手・近藤大樹。

「西日本短大附属高」といえば、25年ほど前、夏の甲子園大会で優勝したことで記憶に残っている方も多いのではないだろうか。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/03/18

竹バットでフェンス直撃の高校生。唐津商・土井克也は「谷繁元信」だ。

マスクの窓から野球を見れば

竹バットでフェンス直撃の高校生。
唐津商・土井克也は「谷繁元信」だ。

3時間のラジオ番組に呼んでいただいて、博多にやって来た。「野球」についてのあれこれを話したり、リスナーの質問に答えたり、… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/03/08

二松学舎で1年秋から3番を打つ男。平間陸斗の精神年齢と実戦力に唸る。

マスクの窓から野球を見れば

二松学舎で1年秋から3番を打つ男。
平間陸斗の精神年齢と実戦力に唸る。

見に行きたくなるチームってありませんか?試合の勝ち負けより、選手個人を興味の対象にしている私のような者には、今度の新チー… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/03/05

ドラフト候補投手を東芝で発見。岡野祐一郎は決して“炎上”しない。

マスクの窓から野球を見れば

ドラフト候補投手を東芝で発見。
岡野祐一郎は決して“炎上”しない。

プロ野球のキャンプも大詰めに入ってきたが、この時期、アマチュア野球界もすでに“今季”が始動している。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/03/04

学生時代は先発、プロではリリーフ。投手の転向は今後も不可避なのか。

マスクの窓から野球を見れば

学生時代は先発、プロではリリーフ。
投手の転向は今後も不可避なのか。

リリーフ投手はプロで生まれる。昨シーズン、プロ野球のペナントレースを眺めながら、フッとそんなことが思い浮かんだ一瞬があっ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/02/24

プロ野球に選手を送り出す監督たち。風呂、宗教……心配の種は多種多様。

マスクの窓から野球を見れば

プロ野球に選手を送り出す監督たち。
風呂、宗教……心配の種は多種多様。

昨年2月、ソフトバンク・宮崎キャンプでのことだ。アップを終えた二軍、三軍の若い選手たちが「サブグラウンド」の外野の芝生に… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/02/23

SB二軍キャンプの有望株と非情さ。今宮健太に加えてまたライバルが。

マスクの窓から野球を見れば

SB二軍キャンプの有望株と非情さ。
今宮健太に加えてまたライバルが。

2月のプロ野球キャンプにやって来るのは、選手と監督、コーチだけじゃない。「スタッフ」と呼ばれ、練習の段取りや手助けをする… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/02/18

佐藤世那、3年目のフォーム改造。過去2年を捨てるたった1人の覚悟。

マスクの窓から野球を見れば

佐藤世那、3年目のフォーム改造。
過去2年を捨てるたった1人の覚悟。

オリックスバファローズ・宮崎キャンプのブルペンは、横に10人の投手が並んで同時にピッチング練習ができる壮大なスケールを誇る… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/02/14

菊池雄星と大石達也のブルペン観察。ドラ1の速球は残酷に好対照だが……。

マスクの窓から野球を見れば

菊池雄星と大石達也のブルペン観察。
ドラ1の速球は残酷に好対照だが……。

埼玉西武ライオンズのキャンプ地「南郷」は、宮崎・日南からさらに南に30分ほど。若きチームリーダー・秋山翔吾外野手が会うなり… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/02/13

広島の二軍キャンプは地味でも熱い。中村、桑原、木村、赤松が土の上で。

マスクの窓から野球を見れば

広島の二軍キャンプは地味でも熱い。
中村、桑原、木村、赤松が土の上で。

宮崎・日南の広島カープの春季キャンプ。クライマックスシリーズでは不覚をとったものの、2年連続セ・リーグ優勝を遂げたカープ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/02/11

2018年ドラフト会議予想、1位の12人。各球団の“足りない所”を考えると。

マスクの窓から野球を見れば

2018年ドラフト会議予想、1位の12人。
各球団の“足りない所”を考えると。

今年の「ドラフト戦線」を占ってみたければ、実際に“ドラフト”をやってみればよい。そう考えて、もう何年も前から実行している… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/02/04

2018年ドラフト会議を予想すると。才能が多すぎて重複しない現象が!

マスクの窓から野球を見れば

2018年ドラフト会議を予想すると。
才能が多すぎて重複しない現象が!

新年おめでとうございます。今年もどうかよろしくおねがい申し上げます。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/01/29

1 2 3 4 5 9 NEXT >>

ページトップ